HOME » » 学科トピックス » 看護学科 » リレーメッセージin看護―122

リレーメッセージin看護―122

 10月から看護学科に着任しました大永慶子です。

 私は臨床では精神科看護に10年間携わってきました。精神科にはいろいろな苦しみを抱えた患者さんがいらっしゃいます。

 その中でそれぞれの看護師がそれぞれの個性を活かし、自分自身を治療ツールとして患者さんに関わっています。看護師自身がツールとなるわけですから、看護学の修得だけでなく、これまでに経験したすべてのことが看護に活かされます。経験したことを全部、自分のどこかの引き出しに入れておくと、それが活かされる時が必ず来ます。


 私も本学でたくさんのことを経験し、皆さんと一緒に成長していきたいと思っています。よろしくお願いします。



 ところで、本学に着任して嬉しかったことの一つに、私の研究室から立山連峰がとてもきれいに見えることを挙げたいと思います。私は学生時代にワンダーフォーゲル部に所属していて、夏に剣岳から薬師岳までを縦走したことがあります。美しい立山連峰を見て、数十年前の楽しかった夏山を思い出しています。

122gou-1.jpg

剣沢キャンプ場:1990年8月撮影



 今は山に行くことはほとんどありませんが、先日友人に誘われて井波の八乙女山に登ってきました。
 登り2時間、下り1時間なのでちょっとした気分転換にちょうどよい山だと思います。日の光がきれいで、少し紅葉した落ち葉をさくさく踏みしめる感触が心地よかったです。

122gou-2.jpg122gou-3.jpg
 臨床からは離れましたが、この経験もどこかで活かせることと思います。

122gou-4.jpg

アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
介護福祉士実務者研修
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.