HOME » » 学科トピックス » 看護学科 » 小杉西部保育園の避難訓練に参加(看護学科2年)

小杉西部保育園の避難訓練に参加(看護学科2年)

 11月14日(火)、看護学科2年生44名は「小児看護学援助論Ⅱ」の授業の一環として、西部保育園の避難訓練に参加しました。


科目名:小児看護学援助論Ⅱ

担当教員:堅田智香子准教授、若瀬淳子講師

授業科目の学習教育目標の概要:

・健康問題がある小児と家族の支援技術を身につける。

・「子どもの最善の利益」を考慮した看護技術と知識の統合ができる。
・小児看護学の臨地実習に向け準備ができる。



 今回の避難訓練は、「学生が小杉西部保育園で演習中に大地震が発生し、大津波警報が発令された」というシナリオで行われました。

 一部の学生が保育園にいる時に地震に遭い、地震の情報を聞いた残りの学生が避難の支援に向かい、園児全員を避難させます。


 あらかじめ教室に2~3名の学生がはいり、園児たちと交流していました。打ち解けたころに、地震がやってきます。園児たちは机の下にもぐり、頭を守りました。

HP_避難訓練1.jpgHP_避難訓練3.jpgHP_避難訓練2.jpg

 地震がおさまった後、津波警報がだされました。園児たちは帽子をかぶり、先生の指示にしたがって保育園内の児童館へ避難します。

 学生たちも、園児の安全への配慮や、気持ちの変化に応じて安心できる声かけなどを考えながら、手をつないだり、抱っこしたりしながら避難しました。


HP_避難訓練4.jpgHP_避難訓練5.jpg

 全員の避難が完了すると、保育士の先生が、避難するときの注意点や今回の避難訓練の振り返りを、子どもたちにわかりやすく伝えていらっしゃいました。


HP_避難訓練6.jpg

 そして避難訓練終了後、竹内園長先生からコメントをいただきました。

「小杉西部保育園では、地震・津波・火災・河の氾濫・不審者の侵入等、さまざまな場合を想定した避難訓練をおこなっています。だいたい月に1回程度の頻度です。

子どもたちは避難訓練に非常に慣れていますが、実際に自然災害や避難勧告があった際は、きっと不安な気持ちになると思います。何もないのが1番ですが、もし何かあったときはぜひご協力をお願いします」

HP_避難訓練7.jpgHP_避難訓練8.jpg

 避難訓練の体験を通して、声かけや安全を考慮した対応の難しさを学ぶことができました。学生たちにとって、かけがえのない体験となったようです。
 これからも保育園と連携を取りながら、子どもの理解を深めていきたいと思います。

看護学科 准教授 堅田智香子



アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
介護福祉士実務者研修
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.