HOME » » 学科トピックス » 社会福祉学科/社会福祉専攻 » 社会福祉専攻 初年次教育「大学での学び方:アカデミック・スキルズ特別講座」

社会福祉専攻 初年次教育「大学での学び方:アカデミック・スキルズ特別講座」

本講座の学習目標:「知」は「知識」ではない。大学での学び=「知」を理解する。


短期大学は、各分野の「職業教育」を行うだけでなく、高等教育機関=大学としての学び、すなわち幅広い「教養」=「知」を学び、「社会を生き抜く力」を身につけた人材を社会に送り出すことを使命としています。

大学での学びは、高校までの学びとは根本的に考え方が違います。なぜなら「知」とは、単なる「知識の獲得」ではないからです。多くの学生にとって、これまでとは異なる新しい「学び方」を学ぶ必要があり、そのため富山福祉短期大学では、1年生全員を対象に初年次教育として全ての学科で特別講座を開講しています。

HP_H29アカデミックスキルズ1.jpg
それでは、高校までの教育と大学での学びの違いとは何でしょうか?

高校までの教育では、基礎的な知識・技能を修得するために、すでに答えの確立された問題の解き方を学びます。一方大学の教育では、解決方法が確立されていない問題に対して、どのように解決方法をつくりだすのかを学ぶのです。

したがって、授業で説明を聞いて公式を暗記して・・・、といった学び方は通用しません。社会において課題となっている「問い」を発見し、関連する情報を収集し、解決策を多角的・協働的に考案し、つくりだした解決策を実践し、その効果を検証し、再び「問い」に立ち戻って解決策の改善を目指す、というサイクルを身につけることが「知」の修得です。



本講座では、そのような「大学での学び方」を理解するために、新しいアクティブラーニング・メソッドである「ポスターツアー」を用いて学びました。

このメソッドでは、まず学生を幾つかのエキスパート・チーム(専門家集団)に振り分けます。今回は、「ノートテイキング・チーム」「クリティカルリーディング・チーム」「プレゼンテーション・チーム」「レポート・チーム」の4チームを編成しました。各チームには講座前に予習課題が指示されています。


講座の第1ステップでは、各エキスパート・チームが与えられたテーマについての「ポスター」(発表資料)を製作します。

HP_H29アカデミックスキルズ2.jpgHP_H29アカデミックスキルズ3.jpgHP_H29アカデミックスキルズ6.jpg

次に第2ステップで、各チームからひとりずつ集めて、新たなチームを4つ形成します。つまり、新たなチームには各ポスターのエキスパートがひとりずつ含まれることになります。
そして各チームがポスターをひとつひとつ見ていく「ツアー」を行いますが、このとき、ポスターの説明役をそれぞれのエキスパートが担当します。したがって、一回りすると全ての学生が1回ずつプレゼンテーションを行うことになります。

HP_H29アカデミックスキルズ5.jpgHP_H29アカデミックスキルズ4.jpgHP_H29アカデミックスキルズ7.jpg

この「ポスターツアー」は、学生が能動的に課題に取り組むアクティブラーニングであり、事前に情報収集してきて、それぞれの問題について考え、チームで協働しながら制作し、各自がプレゼンテーションを行い、多様な意見を共有するという「知」の学びに要求される多くのものが含まれています。


社会福祉専攻の学生には、多くの科目でレポート課題が授業外学習として課されていて、日々2~3本のレポートを抱えて四苦八苦しています。そのほとんどが「調べてまとめる」タイプではなく、「調べて自分の意見を述べる」タイプのものです。「調べるのは良いのだけど、自分の意見を書くのが難しい」とか「苦手だ」という学生もいますが、こうした課題は、「知の作法」を身につけるための訓練として設定されているのです。ガンバレ!学生諸君!


社会福祉専攻では、学生の能動的な学び=アクティブラーニングを重視し、本当の意味での「知」の修得を目指して教育の質の向上に取り組んでいます。今後も、授業内容など積極的にご紹介していきます。



社会福祉学科 教授 竹ノ山圭二郎



アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
介護福祉士実務者研修
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.