HOME » » 学科トピックス » 社会福祉学科/介護福祉専攻 » 毎年恒例、介護福祉専攻1年生「宿泊研修」での学び

毎年恒例、介護福祉専攻1年生「宿泊研修」での学び

6月28日(水)・29日(木)、介護福祉専攻1年生が長野県へ宿泊研修に行ってきました。この取り組みは、今年で4年目です。

HP_H29介護宿泊研修1.jpg

≪スケジュール≫

6月28日(水)

◆学長に見送られ3号館前を出発

◆小布施SAにてお昼休憩

◆障がい者施設・高齢者施設を見学

◆宿泊先にて夕食と交流会

6月29日(木)
◆ビュッフェスタイルの朝食をとり宿泊先ホテルを出発

◆研修施設にてグループワークによる事後学習

◆軽井沢アウトレットパーク観光

◆短大へ到着!



今回の宿泊研修の主な目的は、先進的な取り組みを行っている、長野県の高齢者施設・障がい者施設の見学から介護や福祉に関する考えを深めることです。

◆障がい者施設の見学先

社会福祉法人 かりがね福祉会

・ライフステージかりがね

・風の工房 

・OIDEYOハウス


HP_H29介護宿泊研修5.jpgHP_H29介護宿泊研修6.jpgHP_H29介護宿泊研修7.jpg


障がい者施設では、一人ひとりの特性に合わせた活動を見つける事や、その方の習慣に合わせて環境を整えることを学びました。OIDEYOハウスや風の工房では、利用者の方々が手掛けた芸術性の高い作品や、細かくて色鮮やかな織物などに感心させられました。



◆高齢者施設の見学先

社会福祉法人 恵仁福祉協会 

・高齢者総合施設 アザレアンさなだ 

HP_H29介護宿泊研修2.jpgHP_H29介護宿泊研修3.jpgHP_H29介護宿泊研修4.jpg
高齢者施設では、施錠は絶対せず、ひとり1人に常に声をかけること、常に気にかけるという実践を知ることができました。そして、それらがその方の尊厳を守る事に繋がるということを学びました。

またサテライト型特養には、各居室に玄関があり地域や家族をいつでも感じられる事に驚きました。小規模多機能型施設では、実際の利用者の方々とお話しする機会もあり笑顔をもらいました。

それぞれの施設の見学中、学生の皆さんは職員さんの説明や感じたことをしっかりメモしていました。




夜は皆で食事を楽しみ、さらに交流会ではゲームなどを通じて大いに盛り上がりました。

HP_H29介護宿泊研修9.jpgHP_H29介護宿泊研修8.jpg

交流会は、宮嶋専攻長が準備した連想ゲームや、クラスメイトや教員名入りのビンゴを行いました。連想ゲームでは宮嶋ADが優勝し、豪華景品(長野のおみやげ)をゲット! ビンゴゲームでも上位入賞者に長野の名菓などがプレゼントされました。




2日目の午前中は、施設見学の事後学習を行いました。


はじめにアカデミックスキルズの書籍を用いて、大学生に必要な技術に関する講義を受けました。自らが考え・調べることによって、さまざまな課題や実態を整理し、その改善に向けて自分の意見を持ち、共有することが大切であることを学びました。

HP_H29介護宿泊研修10.jpg

次に施設見学を通しての学びから「あるべき福祉の姿」をテーマにし、ADごとにグループワークをしました。短い制限時間で、学んだことを模造紙にまとめて発表するのは、とても大変でしたが、グループで協力して、個別ケアや地域に根差した施設づくり、そして私たちにできる事、将来守り通していきたいこと等の意見交換をし、福祉のあるべき姿に関し考えを深めました。

HP_H29介護宿泊研修11.jpgHP_H29介護宿泊研修12.jpgHP_H29介護宿泊研修13jpg.jpg

午後は、軽井沢のアウトレットで食事やショッピングを楽しみ、家族へのお土産を手に帰路につきました。


学生さんのコメントをご紹介します。

「貴重な経験や、クラスメイトや先生と絆を深めたことは、心に残る思い出となりました。」

「今回の施設見学で学んだことは今後の実習等で活かしていきたいです。」



たくさんの学びや交流と、とても充実した宿泊研修になったようでした。この学びを活かし、介護や福祉に対する思いを深めていってほしいものです。



介護福祉専攻 講師 毛利亘



アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
介護福祉士実務者研修
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.