HOME » » 学科トピックス » 幼児教育学科 » 幼児教育学科 保育実習Ⅰ-②(保育所以外の福祉施設での実習)

幼児教育学科 保育実習Ⅰ-②(保育所以外の福祉施設での実習)

6月19日(月)から6月30日(金)の期間に幼児教育学科2年生の保育実習Ⅰ-②(保育所以外の福祉施設での実習)が行われました。
保育士資格を得るためには保育所で0~2歳児を対象に10日間、3~5歳児を対象に10日間、保育所以外の福祉施設での実習10日間が必要です。

保育所以外の福祉施設での実習では、乳児院や児童養護施設、福祉型障害児入所施設、障害者支援施設、就労支援B型事業所、生活介護事業所等で実習を行います。

様々な事情から保育園とは異なった環境で生活する子どもたちや、知的障害や発達障害等のある成人の方々が利用する施設での実習であり、対象となる方々と初めての関わりとなる学生が多く、事前指導の段階から不安がる学生が多くいました。


事前指導では、施設の様子や実習の進み方などを映像で確認し、施設を利用する方々の事情や心理状況、障害種別について学び、学生自身が実習を行う施設についての学びを深めていきました。

また、施設によっては車椅子を利用する方々いたり、直接、身体に触れ支援することもあることから介護福祉専攻の毛利先生より、利用者さんを支えたり、身体を動かす時の支援方法や車椅子を使用するときの基本知識を学ぶ介護体験を行いました。

HP_H29介護体験実習.jpgHP_H29介護体験実習2.jpg

実習前や実習が始まった直後は、経験したことのない利用者との関わりについて不安や怖さを感じていた学生たちですが、実際に実習を行う中で、子どもたち一人ひとりとの関わりや障害のある方の日常の姿を知り、実習前に感じていた不安や怖さは、知らないということへの不安や怖さであることに気づきました。

福祉施設の機能や、職員の方々の工夫、そして利用者の方々にどのような事情や障害があろうが一人の人間として関わることの大事さを知る実習になりました。


幼児教育学科 助教 岡野宏宣




アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
介護福祉士実務者研修
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.