HOME » » 学科トピックス » 幼児教育学科 » 卒業生、頑張ってます!(幼児教育学科)

卒業生、頑張ってます!(幼児教育学科)

卒業生が短大に「帰って」きました。

HP_H28卒中田さん皆元さん.jpg
2人とも3月に卒業したばかりです。左が公立保育所に勤務する中田さん、右が浦山福祉会の保育所の皆元さんです。


就職してまだ3ヵ月も経っていませんが、どのように意識が変わったか聞きました。すると、「学生時代の実習の時より、もっと子どもがかわいいと感じられるようになった」と言います。それは、「自分の担当としてずっと見てあげないといけないから」、だそうです。

担当の子どもたちの育ちに責任をもつということは、相当な覚悟が必要でしょう。しかし、いったんこの覚悟が決まると、子どもたちへの愛着も深くなるのだと思います。

また、学生の時よりも、もっと安全に配慮する意識が高くなり、危険なことを予知できるようにしていると言います。常に子どもに注意を向けることに心がけ、何かあればすぐに対応できるようにしているようです。

さらに、「保護者の方々と接する機会が多くなり、親の子に対する愛情や思いについて、深く実感できるようになった」とのこと。まだ自分の子を持たない彼女たちですが、保護者が話されることを丁寧に受け止め、その思いに共感しようと務めているからだと思います。


子どもたちの、不思議でかわいらしい行動についても色々と話してくれました。そういう子どもたちの姿に癒されているようです。

このように、充実している日々を過ごす彼女たちは、帰宅後は「疲れてすぐ寝る」そうです。休日はリフレッシュしているようです!

HP_H28卒中田さん皆元さん2.jpg
言葉の端々に、まだ数カ月の経験とは言え、「社会人」らしくなったことが認められ、私も心を動かされました。


とはいえ、研究室で、「ここ落ち着くー」とか「ここ家?」などと言っている彼女たちに、「まだ幼いなあ」と思ったりもします。しかし、時々短大に「帰ってくる」卒業生が多いのは、ふくたんの特徴ではないかと思います。

子どもにとって、親の存在は「安心」を与え、「自立」の土台ともなります。そして、人間は成長に伴い、そのような情緒的な支えを得るため、親しく交流できる人間関係を築いていくのです。これは生涯続くプロセスです。

ふくたんの教員は、卒業生にとっても、そのような人間関係の一部であれたらいいな、と思います。そして、彼女たちこそ、子どもたちや保護者の方々の拠り所になってほしいと願うのです。

幼児教育学科 教授 石津孝治


アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
介護福祉士実務者研修
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.