HOME » » 学科トピックス » 幼児教育学科 » 幼児教育学科授業紹介「総合演習」(心理系)

幼児教育学科授業紹介「総合演習」(心理系)

幼児教育学科2年生の「総合演習」は、学生がそれぞれ自分の得意な領域をつくる授業です。全部で7つの領域がありますが、今回は心理学系の授業を紹介します。


心理学系のテーマは、「絵本を『読む』」です。単に絵本を読むだけでなく、自分なりに深く読み込むことを繰り返し、子どもを理解するために必要な想像力と感性を養うことが目的です。

学生は自分の気に入った絵本を選び、授業で自分の「読み」をプレゼンします。

HP_H29石津ゼミ1.jpg

学生の発表が一巡したのですが、私は、読みが「浅い!」と、ことごとくダメ出しをしました。しかし、深く読み込む以前に、学生たちが知っている絵本の絶対量が少ないようなのです。

そこで今回は、短大の近くにある大島絵本館で授業です。

HP_H29石津ゼミ2.jpg

学生は、1回分の授業時間(90分)の間に15冊以上の絵本に目を通し、気付きや感想などをメモしなければなりません。学生は、皆真剣に絵本を読み、感想のシートを埋めていきます。

HP_H29石津ゼミ3.jpgHP_H29石津ゼミ4.jpg

学生が授業で作成したシートの一部です。

HP_H29石津ゼミ6.jpg

発表に使えそうな絵本にチェックを入れているようです。皆、20冊ほど読めました。読書をしない学生が増えていると言われますが、絵本も本のうちなので、誇っていいのではないでしょうか?


小説と違い、絵本はページ数が少なく、短時間で読むことができますが、内容は負けてはいません。大人でも、今読んでも感動する絵本がありますね。また、意識して絵本を読み込んでみることで、子どもの世界や感じ方の理解を深めることもできるのです。絵本は多様なポテンシャルを秘めているといえます。

そういうわけで、学生は自分の選んだ絵本に向き合い、その魅力やテーマ、意味について掘り下げ、まとめます。言ってみれば、自分の心を一つの絵本作品にぶつけさせるのです。

保育者が子どもの内面を理解しようとしている時、あるいは子どもの全体像を理解したい時、同じような姿勢で向き合っているのではないでしょうか?


今後のプレゼンが楽しみです。想像力と感性の優れた、子どもを深く理解できる保育者になってほしいと思います。学生たちが将来出会う子どもたちのためにも、学生を鍛えてあげなければ!と思うのです。

幼児教育学科 教授 石津孝治



アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
介護福祉士実務者研修
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.