HOME » » 学科トピックス » 社会福祉学科/介護福祉専攻 » ADタイムで「たこパDEランチ」をしました!

ADタイムで「たこパDEランチ」をしました!

6月16日(金)、空きコマである2限目に、毛利ADの学生たちが、3号館にある家政学実習室でランチ作りを行いました。介護福祉専攻1年生の毛利ADは留学生2名を含む6名です。

ベトナムの留学生は春雨やキクラゲ入りの具だくさん春巻きを母国の調味料を使って作り、モンゴルの留学生は朝4時に起きて生地から作ってきたピザを、日本人学生4名は大きなたこ焼きを、そして毛利先生はパスタを作りました。

HP_H29たこぱ1.jpgHP_H29たこぱ2.jpgHP_H29たこぱ3.jpg

母国の食材の話、普段のご飯作りやお菓子作りの話、恋の話など、いろんな話をしながら全員で手分けしてランチ作りを楽しみました。
途中、調味料が無くなり近くのドラッグストアへ買い出しに行く姿も...。

約1時間後には完成し、先ほどとは打って変わって黙々と食べる毛利AD学生のみなさん。きっとお腹が空いていたのでしょう。

HP_H29たこぱ4.jpgHP_H29たこぱ5.jpg
できたランチは宮嶋専攻長や韓先生にもおすそ分け。匂いに釣られやってきたクラスメイトにもシェア!大満足のランチタイムとなりました。



介護福祉専攻には8名の留学生がいます。慣れない環境で日本の福祉を頑張って学ぶ彼らの姿を観て、日本人の学生のみなさんも多くの刺激を受けているようです。


将来、介護の現場は多くの外国人と共に働く場となります。異文化の理解をしながらも、漢字の意味や介護の用語の意味をしっかり外国人に伝える。そんなコミュニケーションは、ティーチング力を付け、強いチームワークを生み出すことでしょう。


人の役には立ちたいけど、コミュニケーションが苦手だから...と躊躇しているあなた! ぜひ、ふくたん介護福祉専攻でしっかり介護を語れるリーダー的介護福祉士を目指してみませんか!? 楽しみながらもね。


介護福祉専攻 講師 毛利亘

アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
介護福祉士実務者研修
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.