HOME » » 学科トピックス » 社会福祉学科/社会福祉専攻 » 社会福祉専攻の駅伝メッセージ―3

社会福祉専攻の駅伝メッセージ―3

映画「美女と野獣」を観てきました。

6月5日現在で興行収入100億円を突破し、ムービーランキングでも1位を続けています。


美女と野獣.jpg「映画館に展示したあったバラ(散るとヤバイ)」




よく知られているストーリーを紹介しましょう。


ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない。

呪われた城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの孤独な日々に変化をもたらしたのは、美しい村の娘ベル。聡明で進歩的な考えを持つ彼女は、閉鎖的な村人たちになじめず、傷つくこともあった。

それでも、"人と違う"ことを受け入れ、かけがえのない自分を信じるベルと、"人と違う"外見に縛られ、本当の自分の価値を見出せずにいる野獣──その出会いは、はたして奇跡を生むのだろうか(109シネマから引用)




授業でよく映画のシーンを使うのですが、この作品も差別や偏見、愛する・愛されることの尊さ、たとえどのような状況になっても精一杯生きることなどを学ぶのにとても役に立つと思いました。

福祉的に解釈すれば、野獣とベルは互いのエンパワメントempowermentを引き出したともいえます。エンパワメントとは支援で活用される理論で、1:力をつけること、2:解放されること

3:自分たちの置かれた不利な状況を変えていこうとする考え方。


故谷口明広博士が「人がエンパワメントされる時、必ず誰かに会っている」と言われましたが

まさに野獣とベルは会ってしまったことが互いの人生に重要な影響を及ぼしたといえるでしょう。

いつの時代も子どもから大人まで楽しめるのがディズニー映画です。一度も観たことがないという方はいないのではないでしょうか。ディズニー映画はストーリーが分かりやすく、面白いだけではなく、友情や愛情など色々なことを教えてくれます。


美女と野獣2.jpg
こんな話を授業で聞けるのも社会福祉専攻(他学科でも話してるが)の面白いところです。

これを読んでいるすべての映画好き、ディズニー好きのみなさん、私といっしょに夢の世界へ出発進行ーーーですちゃ。


社会福祉専攻 教授 鷹西 恒

アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.