HOME » » 学科トピックス » 社会福祉学科/介護福祉専攻 » 車いすによる外出介助を学びました!(介護福祉専攻1年)

車いすによる外出介助を学びました!(介護福祉専攻1年)

「生活支援技術Ⅱ-①」の授業で、車いすによる外出介助を学びました。

この科目は生活を支援するために必要な基礎的技術である、環境の整備や身支度、着脱の技術や移動の技術などを、根拠を理解しながら修得を目指す、介護福祉士の養成には欠かせない演習科目です。

3号館1Fにある介護実習室で、学生同士が介護者役とモデル役を交代しながら演習し、要介護者の気持ちのわかる、尊厳と安全・安楽を守ることができる介護福祉士を目指します。



**********


Aクラスを担当するのは、本学専任講師の毛利亘先生と本学介護福祉専攻卒業生介護福祉士であるアシスタントの籠谷真優さんの師弟コンビ!です。

この日の授業は、車いすによる外出の介護です。
学生の皆さんは、車いすの点検や整備を行い、ベッドから車いすへの自立支援による移乗介助を学んだあと、3号館の実習室を飛び出し、キャンパス周辺で車いすによる移動の技術を学びました。

HP_H29車いす買い物1jpg.jpg

3号館周辺では段差を越えるために車いすのティッピングレバーを活用すること、坂道はゆっくり後ろ向きで下ること、要介護者の方へ「少し揺れますね」などの事前の説明をすること等を学びました。

HP_H29車いす買い物2.jpgHP_H29車いす買い物3.jpg

道路や歩道には傾斜があり、要介護者の方を常に観察する事や、不安を感じないような声かけ、車いすを慎重に扱う事なども学びました。


HP_H29車いす買い物5.jpgHP_H29車いす買い物6.jpg

そして本日の外出先であるキャンパス近くのドラッグストアにて買い物介助を体験しました。車いすの要介護者に、購入希望する物を確認しながら、説明をしたり、支払いをしたりといった介助を行いました。

HP_H29車いす買い物8.jpgHP_H29車いす買い物7.jpgHP_H29車いす買い物9.jpg

要介護者の方々に、今から行う介助に関する説明と同意を得ることができる、尊厳をしっかり守ることのできる介護福祉士になってほしくて、様々な場面での要介護者体験を豊富に取り入れているのがこの授業の特徴でもあります。

1年生は7月31日より初めての介護実習に臨みます。実習先の施設利用者を思いっきり大切にしてきてほしいです。



介護福祉専攻 講師 毛利亘



アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
介護福祉士実務者研修
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.