HOME » » 学科トピックス » 社会福祉学科/社会福祉専攻 » 【授業紹介】心理学研究法(社会福祉専攻1年)

【授業紹介】心理学研究法(社会福祉専攻1年)

■科目名:心理学研究法

■担当:竹ノ山 圭二郎 教授

■教育目標:心理学で用いられている自然科学的研究法について学び、自らの問題意識に基づいて、仮説を立て、研究をデザインするための基礎的知識を修得する。



この科目は、心理学で用いられている研究法について学び、将来、実験や調査を自らデザイン・実践するための専門知識を修得することを目的としています。

また、研究法を学ぶことで、科学論文を読みこなす能力やニュース等で報じられる実験・調査データについてクリティカルに理解する力を向上させることを目指しています。


今回の授業テーマは、「実験のバイアス(データの歪み)」でした。

人間を研究対象とする心理学は、他の自然科学に比べ特有の複雑さがあります。例えば試験管の中の分子は、実験者は何を証明しようとしているのだろうなどと考えたりしませんが、人間の場合、実験者も被験者も実験中に様々なことを考え、そのことがデータに影響してしまいます。実験者の期待などが結果に影響することを「実験者効果」、被験者の実験に対する解釈などが影響することを「要求特性」といいます。これらのデータを歪めるバイアスを抑えるための実験手続きに、「単純盲験法」、「二重盲験法」や「偽装」などの方法があります。


これらの基礎概念の講義を受けた後、学生たちは小グループに分かれ、「インフルエンザの新薬の効果を検証するための二重盲験法を用いた臨床実験手続きを考案せよ」というPBL型の課題に取り組みました。

HP_H29心理学検査法1.jpg

二重盲験法とは、新薬や治療法の効果について実験をする際に、実験者と被験者(実験を受ける者)の両者ともに、どの被験者がどの実験条件に割り当てられているかが判らないようにして行う実験手続きです。

また、PBL(Problem Based Learning)とは、与えられた具体的な問題の解決法を自分たちの知識を駆使しながら考案するタイプの学習法で、いま注目されているアクティブラーニングの一種です。

HP_H29心理学検査法2.jpg
各グループには、具体的に検討するための小道具として2種類の色違いのミニチュアグラスとサイコロが与えられました。それらを用いて、バイアスを抑制するための具体的な実験手続きについて話し合います。そして最後に、それぞれのグループが自分たちの考えた方法を他のグループの前で実演しました。

HP_H29心理学検査法8.jpgHP_H29心理学検査法7.jpgHP_H29心理学検査法5.jpg

学生たちは、このPBL授業の中で、今まで学んできたことをベースに、自分たちの力で課題にチャレンジし、みんなで考え、ユニークな解決策を発見するという科学の本質的なプロセスに取り組みました。

学生たちは1年前期に「心理学」、「心理学統計法」、「心理学研究法」を学び、そこで修得した知識が後期の「心理学基礎実験」や「心理学基礎実習」につながっていきます。


社会福祉専攻では、心理学を体系的に学習できるユニット制カリキュラムを採用しています。今後も、授業内容など積極的にご紹介していきます。


社会福祉専攻 教授 竹ノ山圭二郎



アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
介護福祉士実務者研修
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.