HOME » » 学科トピックス » 社会福祉学科/社会福祉専攻 » 【授業紹介】心理アセスメント基礎実習(社会福祉専攻2年)

【授業紹介】心理アセスメント基礎実習(社会福祉専攻2年)

■科目名:心理アセスメント基礎実習

■担当:竹ノ山 圭二郎 教授

■教育目標:福祉施設、医療、児童相談、教育相談等の現場において、利用者を客観的かつ根拠をもって理解するために、心理アセスメントは必須の技術である。心理アセスメントを実施するための基礎的技術および報告書を理解するための基礎的知識について実践的に学ぶ。


HP_H29心理アセスメント基礎実習3.jpg

社会福祉専攻では、社会福祉学と心理学の学びを深め、日本福祉心理学会認定資格である「福祉心理士」の資格取得を目指すことができます。

心理検査などの心理的アセスメント技術は、心理職はもちろん、心理的ケアを必要とする福祉現場においても役立てることのできる専門的スキルです。「心理アセスメント」とは、対象者(クライエント)の心理状態について様々な手段を用いて情報収集し、多面的に評価・把握することをいいます。



この科目では、1年次からの学習で蓄積してきた心理学の基礎的な知識を踏まえた上で、知能検査や性格検査などの心理検査を用いて、受講学生同士が臨床心理士役・クライエント役となり実践的な体験学習をします。


今7週間ほどかけて知能検査の実習に取り組んでいます。使用している検査は2種類あります。

そのひとつ、ビネー式知能検査は、元々、知的障害児の発達水準を評価するために開発されたもので、精神年齢と知能指数(IQ)を算出することができます。1歳児から適用することができ、幼児でも興味が持てるようにミニチュアなどの道具を用いるなどの工夫がされていることが特徴です。

HP_H29心理アセスメント基礎実習1.jpgHP_H29心理アセスメント基礎実習2.jpgHP_H29心理アセスメント基礎実習4.jpg

もうひとつのウェクスラー式知能検査は、元々、精神障害者の認知的能力を診断的に評価するために開発されたもので、教育や言語能力に関連する言語性IQ、および動作や空間認識に関連する動作性IQ、それらを総合した全検査IQを測定できます。さらに言語理解、知覚統合、作動記憶、処理速度という4つの認知機能をアセスメントすることができ、学習障害やADHD、その他の認知障害を診断する際に有効な情報を提供できます。

HP_H29心理アセスメント基礎実習5.jpgHP_H29心理アセスメント基礎実習6.jpg

学生たちは、臨床心理士役・クライエント役を交代で実演しながら、これらの検査の実施手順や検査結果の評価方法などの技術について体験的に学んでいます。このような実践的な学びが将来、人を支援する際の力となります。


社会福祉専攻では、短期大学としては珍しく、心理学を体系的に学習できるユニット・カリキュラムを採用し、実践・体験を重視した授業を行っています。今後も、授業内容などご紹介していきます。

社会福祉学科 教授 竹ノ山圭二郎

アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.