HOME » » 学科トピックス » 看護学科 » リレーメッセージin看護―104

リレーメッセージin看護―104

104gou-1.jpg 2017年に入り早一ヶ月過ぎようとしています。年末降らなかった雪がドカッと降り慌てましたが、まだ大寒。春までまだまだ雪が降りますね。雪はスキー場だけに降ってほしいものです。

 今回リレーメッセージを担当します中井です。


 今回は、「回復促進援助技術論」の筋肉内注射の技術確認に向けて、学生が演習している様子をご紹介します。

104gou-2.jpg 「回復促進援助技術論」は1年生後期の科目です。この科目は健康回復促進に必要な「症状・生体機能管理技術」、「創傷管理技術」、「治療処置に伴う援助技術」、「与薬の技術」、「救急救命処置技術」について科学的な根拠を学習し、演習の中でそれぞれの基本的援助技術を習得していきます。演習の前に講義の中でDVDを見たり、テキストや先生の講義を受けながら手順や注意について学びます。


 演習では学生が看護師役と患者さん役になり、実際に注射の指示の確認から薬液の準備、患者さん役の学生に説明、実施、後片付け、報告まで行います。

 最初は、注射器の準備から手がブルブル。緊張でいっぱいの様子です。


104gou-3.jpg

 薬剤の間違いがないよう、確実に安全に実施できるよう確認を行い、薬液を吸い上げる際も、指示・薬液の確認や清潔操作・・・と緊張で肩に力が入り、顔もこわばっていました。

 薬液の準備が終わり、患者さん役の学生に本人確認や注射の説明を行います。半年前までは、患者さんに話しかける言葉もぎこちなかった学生ですが、患者さんの目線に合わせてゆっくり話しかけています。

 注射する部位の選定は実際の学生の腕で行い、筋肉内注射の実施は、患者さん役の学生の腕にパットを装着して行うのですが、患者さん役の学生も練習といっても複雑な表情をしていました。

104gou-4.jpg
 

 筋肉内注射の実施し報告を終えた学生は、緊張が解放されると同時にかかった時間にビックリ! ドッと疲れた表情も見えましたが、確実に安全に実施できるよう練習していきたいと話していました。看護師に近づくために日々の学習と演習が大切だと実感した様子でした。

 1月31日(火)の技術試験にむけて、教員とともに練習しています。

アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
介護福祉士実務者研修
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.