HOME » » 学科トピックス » 2017年1月

2017年1月

104gou-1.jpg 2017年に入り早一ヶ月過ぎようとしています。年末降らなかった雪がドカッと降り慌てましたが、まだ大寒。春までまだまだ雪が降りますね。雪はスキー場だけに降ってほしいものです。

 今回リレーメッセージを担当します中井です。


 今回は、「回復促進援助技術論」の筋肉内注射の技術確認に向けて、学生が演習している様子をご紹介します。

104gou-2.jpg 「回復促進援助技術論」は1年生後期の科目です。この科目は健康回復促進に必要な「症状・生体機能管理技術」、「創傷管理技術」、「治療処置に伴う援助技術」、「与薬の技術」、「救急救命処置技術」について科学的な根拠を学習し、演習の中でそれぞれの基本的援助技術を習得していきます。演習の前に講義の中でDVDを見たり、テキストや先生の講義を受けながら手順や注意について学びます。


 演習では学生が看護師役と患者さん役になり、実際に注射の指示の確認から薬液の準備、患者さん役の学生に説明、実施、後片付け、報告まで行います。

 最初は、注射器の準備から手がブルブル。緊張でいっぱいの様子です。


104gou-3.jpg

 薬剤の間違いがないよう、確実に安全に実施できるよう確認を行い、薬液を吸い上げる際も、指示・薬液の確認や清潔操作・・・と緊張で肩に力が入り、顔もこわばっていました。

 薬液の準備が終わり、患者さん役の学生に本人確認や注射の説明を行います。半年前までは、患者さんに話しかける言葉もぎこちなかった学生ですが、患者さんの目線に合わせてゆっくり話しかけています。

 注射する部位の選定は実際の学生の腕で行い、筋肉内注射の実施は、患者さん役の学生の腕にパットを装着して行うのですが、患者さん役の学生も練習といっても複雑な表情をしていました。

104gou-4.jpg
 

 筋肉内注射の実施し報告を終えた学生は、緊張が解放されると同時にかかった時間にビックリ! ドッと疲れた表情も見えましたが、確実に安全に実施できるよう練習していきたいと話していました。看護師に近づくために日々の学習と演習が大切だと実感した様子でした。

 1月31日(火)の技術試験にむけて、教員とともに練習しています。

 1月15日(日)「学生による政策提案審査会」が射水市役所にて開催されました。この日は、県内の大学生20チームの応募があった中から、書類審査を通過した10チームによるプレゼンテーションが行われました。


 富山福祉短期大学からは、看護学科1年 村井グループ『認知症高齢者にやさしい地域づくり』、幼児教育学科1年 藤井グループ『森へでかけよう!自然の中の子育て支援センター「森のいえ」』が、見事書類選考を通過し、プレゼンテーションに出場しました。

射水市政策提案0.jpg

 幼児教育学科1年 藤井グループでは、「野遊び大好き会」を結成し、地域のさまざまな子育て支援の場に参加してきました。

 乳児から中学生までの親子50人が集い、窯でピザを焼いたり竹を組んだスタードームを作った「KOROりんの森の秋まつり」、
 いみず子育てフェスティバルでは、「けん玉大会」と「フェイスペインティング屋さん」を担当し、多世代の方々と楽しく交流できました。
 また森のようちえん体験会では、子どもたちと焚き火を囲んだり、笹舟を小川で流したりと、遊びを援助しつつ危険がないように見守りました。


射水市政策提案1.jpg

射水市政策提案2.jpg


 これらの活動を通して、私たちが近い将来、保育士やお母さんになったときに、「子どもたちと自然の中で自由に野遊びしたい!育児ストレスから解放されてリラックスしたい!」そんな場が射水市にもできることを願って、自然の中の子育て支援センター「森のいえ」を提案しました。


 学生たちは、射水市行政関係の審査員を前に、緊張しつつも発表や質疑応答に真剣に臨みました。そして審査の結果、村井グループはイヤサー賞、藤井グループはきときと賞を受賞することができました!

 優秀賞は逃しましたが、多くの学びがあったプレゼンテーションとなりました。今回の経験で得たことを今後の学生生活に活かしてほしいと思います。

射水市政策提案5.jpg

幼児教育学科 助教 藤井徳子


 こんにちは。今回のリレーメッセージを担当する看護学科の蘭です。大寒波が日本列島を包み、少し和らいできましたが、これから大寒を迎えて寒さはひとしお厳しくなる時期ですね。


 本学は、福祉の総合短期大学としての特色を活かして、市民講座、実務者の研修・研究支援、教員の地域福祉行政への参画など社会貢献を行っています。

 私は今回、療養型病院の人材教育の一環として、「スピーチロック防止に向けて~ユマニチュードの活用~」というテーマで看護師、介護職に対して研修を行います。

103gou-1.jpg 「スピーチロック」は言葉によって行動を抑制・制限することで、手足・体幹をひもで縛る「フィジカルロック」、抗精神病薬の薬物を使用し行動を抑制・制限する「ドラックロック」同様、身体拘束にあたります。

 スピーチロックの具体例として、「動かないで!」「立ったらだめ!」や、「何でそんなことをするの!」のような叱責の言葉が対象となり、心理的虐待のひとつとして捉えられています。

 このほか、「スピーチロックは、身体拘束からの側面だけでなく、不適切なケアから高齢者虐待へつながる可能性も否定できない」とされ、「○○ちゃんの呼称」「無視の態度」についても、スピーチロックに含まれるケースとして報告されています。

 このように、スピーチロックは多義的な意味を内包しているため、概念が明確になっておらず、そのため廃止に向けた取り組みについても、個別に認識され対応しているのが現状です。



 研修を依頼して下さった療養型病院では、高齢者ケアへの認識不足や、職員の不足等による業務過多から生じる職員の言葉遣いや態度が問題になっています。注意しても「なぜ私だけに注意するんですか?」と逆ギレされることもあるそうです。

 献身的にケアをする職員ももちろんいるので、高齢者ケアに携わる専門職として、どのような態度で患者と向き合えばよいのか、それぞれが再認識し、患者に寄り添ったケアができるように組織全体で取り組んでいくことが必要になります。


 そこで研修では、高齢者に寄り添ったケアを行うために有効とされるケアメソッド「ユマニチュード」を紹介しようと考えています。 「ユマニチュード」とは、「ケアをする人とは何か」「人とは何か」を問う哲学と、言語・非言語によるコミュニケーション技法に基づいた、立位補助、食事介助、清拭、入浴、更衣などの実践的な技術で構成されたフランス生まれのメソッドです。すでに10カ国の医療・介護施設で導入されており、その効果は、ときに劇的であることから"奇跡""魔法"と称されることもあります。

 さまざまな困難に直面している高齢者ケアに光を与えるだけでなく、ケアする人のバーンアウトを防ぐなど、ケアを受ける人、行う人双方に"明らかな変化"をもたらすとして注目を集めています。


103gou-2.jpg 〈見る〉〈話す〉〈触れる〉〈立つ〉を4つの柱とするユマニチュードのケア技術は、日常ケアのなかで使える極めて実践的な技術で、"話しかけながら相手に触れる"といったように、常に2つ以上の要素を組み合わせて行い、さらにケアの全てを「心をつかむ5つのステップ」という一連のシークエンス(一続きのもの)のもとに行っていきます。

 「5つのステップは、①出会いの準備、②ケアの準備、③知覚の連結、④感情の固定、⑤再会の約束、から構成されます。5つの段階のなかで、清拭などのいわゆるケアを実施するのは③のステップで、その前には、自分の存在を知らせる出会いの準備をし、ケアの後には、『きれいになって気持ちよかったですね』と語りかけるなどポジティブな感情を伝え、次回へとつなげる締めくくりをします。

 よくあるケアの場面では、ドアをノックすることはあっても、相手の反応を待たずに布団をはがし、入室した数秒後にはおむつに手をかけてしまっていることがあります。これでは、コミュニケーションにおける重要な手順である①②をとばして、いきなり③のケア行為に入っていることになります。



 忙しいケアの現場では、「そんな時間は取れません」と言われそうですが、相手の反応を見ながら①②➃⑤の言葉がけをするのに5分もかからないと思いますが、どうでしょうか?

 また、いつも実践している人にとっては、当たり前のことと認識されるかもしれません。


 研修で対象者がどんな反応をされるのかドキドキですが、 上手くお伝えすることができるように頑張りたいと思います!


 幼児教育学科1年生は、第三あおい幼稚園 千々石寿史先生による教育実習指導特別講義を行いました。

 まずは"ウォーミングアップ"。各自心に思い浮かんだままをカルタに表し、グループに分かれてカルタ遊びを行いました。お正月遊びや伝承遊びの意義、遊びの導入や終わり方についての具体的なポイントやコツも教えていただきました。

HP第3あおい幼稚園1.jpg



 続いては、千々石先生のギターに合わせて、歌遊びや体を使った遊び、チームワークを高める集団遊びを行いました。子どもたちと一緒に楽しめる遊びが次から次へと繰り出され、実習に向けて、まさにアクティブラーニングとなりました。

HP第3あおい幼稚園2.jpg

学生の感想です。
HP第3あおい幼稚園3.jpg
 実習に向けての心構えや、困ったとき緊張したときの心の持ちようなど、千々石先生ご自身の経験を交えてお話していただいた数々のアドバイスは、学生たちの心に強く刻まれたようです。 2月の実習ではぜひ今日の学びを活かして、失敗を恐れずにトライしてきてほしいものです。


幼児教育学科 助教 藤井徳子


アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.