HOME » » 学科トピックス » 看護学科 » リレーメッセージin看護-96

リレーメッセージin看護-96

担当:看護学科 得田
96gou-6.jpg

 消化・吸収のために内臓の血流が増し、脳の血液が減少するという説明が最もわかりやすいでしょうか。他にも、オレキシンという脳内ホルモンの関与が報告されています。このホルモンは、食欲を刺激し、覚醒を維持します。働きが鈍ると睡眠状態に入ります。

 昔から「食べたあとに寝ると牛になる」などと言われます。これは、満腹時に眠ることは良くないということです。つまり、食べ物が消化されない状態で眠気を感じて眠った場合には、睡眠が浅いものとなります。深い睡眠時(いわゆるノンレム睡眠時)には、成長ホルモンが分泌され、体の脂肪の分解・燃焼を推進します。しかし、満腹によって浅い睡眠(レム睡眠)にしか入ることができなければ、消費カロリ-が少なくなり、結果として体に脂肪が残ってしまうことになります。満腹の際に眠気に負けて睡眠をとることは肥満につながります。

 このようにして、満腹時の眠気には可能な限り負けないようにして起きていたほうが健康には良いということになります。満腹時でも可能な限り眠気を避けるために、眠気覚ましにコ-ヒ-を飲むのは効果的な方法と言えます。また、そもそも満腹を避けて「腹八分目」にとどめることが大事ということですね。

96gou-7.jpg



2.「居睡り」と「うたた寝」は同じ?

 居眠りの「居」の字には、「座る」や「そこに居る」の意味があります。「居眠り運転」や「授業中の居眠り」というように、居眠りは、椅子に腰かけたまま眠ってしまったり、作業している最中に眠ってしまうことをいいます。

 一方、「うたた寝」は、「転寝」と書き、「転」の字には「横たわる」と言う意味があります。「TVを見ながらうたた寝をしてしまった」と言うように、うたた寝は、寝るつもりはなく、横になっているうちに寝てしまったことをいうそうです。


 学校では居眠り、家ではうたた寝なんてことにならないようにね。



3.3年生領域実習の学び

 3年生は実習もあと総合実習を残すのみとなりました。2月より始まった領域実習、どの実習が、あるいはどの場面が印象に残っていますか?各自の看護観を揺らがせるような経験があったでしょうか? ある学生の学びを紹介します。師長さんから助言を受けて、自分の言動のどこが足りなかったのか考えることができた場面です。

96gou-3.jpg



4.今月の医療トピックス

96gou-4.jpg

 当製品を開発している会社が、家庭・施設・病院で介護をしている454名の方を対象に独自に行ったアンケ-トによれば、被介護者の実に3割以上は自力でお尻を拭き取ることができず、介護者全体の約6割がお尻を拭くことに対して抵抗感があり、5割以上は体力的にも「辛い」と感じていることがわかりました。

 このような介護現場でのニ-ズに応える新しいアプロ-チの介護ロボットが、ポ-タブルトイレ型のお尻拭き取りロボットです。10月12日から3日間にわたって東京ビッグサイトで開催された『国際福祉機器展2016』に続き、10月26日から28日まで東京ビッグサイトで開催された病院・福祉設備機器の専門展示会『ホスペックスジャパン 2016』でも出展されました。"紙載せガイド"に専用の紙を載せると、"拭き取りア-ム"が上昇し、お尻に押し当てて拭き取るという構造のもの。ヘッドの形状を一人ひとりに最適化できるという特長があるそうです。

 まだ実用試作段階ですが、日本のサニタリ-は世界的にも丁寧なつくりと行き届いたサ-ビスで人気です。今後世界の高齢者から人気を呼ぶようになるのではないでしょうか。


アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.