HOME » » 学科トピックス » 看護学科 » リレーメッセージin看護-93

リレーメッセージin看護-93

93gou-3.jpg

 夏休みも終わり、新学期を迎え、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
 リレーメッセージ93号は河相てる美が担当します。


 富山福祉短期大学では、看護学科の教員が社会福祉学科介護福祉専攻の医療的ケアの授業を担当しています。本学の介護福祉専攻の学生は、授業に組み込まれていますので、卒業後、基本研修は実施済みとなります。



 今回は、すでに、高齢者施設等で働いている介護職員等を対象とした、介護職員等による喀痰吸引・経管栄養等の基本研修についてご紹介します。

93gou-1.jpg 平成23年に、社会福祉士及び介護福祉士法が改正され、介護職員も医療行為である喀痰吸引と経管栄養の一部については一定条件の下で行うことができるようになりました。

 介護福祉士や介護職員が、喀痰吸引等を行うには、一定の研修・教育が必要です。

富山福祉短期大学では、7月、8月に基本研修50時間の講義を8日間、演習を2日間行いました。研修は、保健医療に関する制度や健康状態の把握、吸痰吸引・経管栄養の手順等についてテキストを使用し実施しています。


93gou-2.jpg

 そして、最後には、研修の学んだ知識・技術の確認として筆記試験を行います。筆記試験に合格後は、施設・在宅等における実地研修を受け、「認定書」が交付されます。


 受講生からは、「実技の演習では、根拠の説明や手順方法について詳細で丁寧だったため、実地に活かせる内容であった」との感想が寄せられました。

 医療チームの一員として活躍を期待しています。


アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.