HOME » » 学科トピックス » 幼児教育学科 » 【授業紹介】保育実践演習(幼児教育学科2年)

【授業紹介】保育実践演習(幼児教育学科2年)

「光の三原色~にじみ絵体験」

6月10日(金)の藤井ゼミでは透明水彩の三原色を使ってにじみ絵を描いてみました。

幼稚園で初めて子どもたちがやるように、紙を濡らす、画板に載せる、空気を抜く・・と手順を一つ一つ確認しながら進めていきます。

大きな平筆で、湿った紙の上に絵の具をおくと、色はにじんで広がっていき、隣にほかの色をおくと、いつの間にか混ざってもう一つの別の色が生まれます。こうして、「描く」というよりは「色そのものを体験する」のです。 緑や紫が生まれる美しさに、学生たちは喜んで筆を動かしていました。

HP_藤井ゼミ1.jpgHP_藤井ゼミ2.jpg

次はブロッククレヨンです。

このシュトックマー社のブロッククレヨンは、色を重ねてもにごらないのです。

青の上に黄色を重ねると、きれいな透明感のある緑になります。

またブロッククレヨンの良いところは、「面を描く」ということです。面を使って、紙の上をゆったりと手を動かしながら、だんだんと形が生まれてく。小さい子どもたちにはそんな描き方でたっぷりと楽しんでほしいですね。

HP_藤井ゼミ3.jpg

最後は虹色に染めた画用紙に、自分のシンボルマークを描いて、お誕生日カレンダーを作りました。

HP_藤井ゼミ4.jpgHP_藤井ゼミ5.jpg

「感性豊かな幼児期だからこそ、こんな暖かな感覚印象を与えてあげたい」

子どもを取り巻く「色」環境について、あらためて意識できたようです。

次回は、"森のようちえん"に初参加します。雨の日も風の日も森に集う、元気いっぱいの子どもたちに会えるのが楽しみです!

幼児教育学科 助教 藤井徳子

アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.