HOME » » 学科トピックス » 社会福祉学科/社会福祉専攻 » 富山県議会の傍聴、知事・県議会議員との意見交換会へ参加しました。

富山県議会の傍聴、知事・県議会議員との意見交換会へ参加しました。

 選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられたことを踏まえて開催された、県議会の傍聴会へ社会福祉専攻の学生5名、介護福祉専攻の学生4名が参加しました。富山県立大学と富山福祉短期大学からの参加者を合わせて、全体の参加者は31名でした。


■ 日程 : 12月2日(水)14:00~17:45 
■ 会場 : 富山県議事堂、富山県庁


 14時から最初に定例会を1時間傍聴しました。最初に20分間の質問の時間があり、その後に40分間の知事と県の担当者の答弁がありました。質問内容は経済と観光が中心でした。

 その後、県庁へ移動し知事との意見交換をしました。地域活性化や高齢者の介護に関する質問に対して知事は県の取り組みや県政の役割を含めて説明されました。福短の学生が積極的に質問する姿も見られました。

知事意見交換①.jpg
 その後、県議員との意見交換会がありました。福短の学生がしっかりと議会傍聴の感想を述べたり、スクールソーシャルワーカーについて質問したりしていました。県議員よりそれぞれの県政への取り組みや税金の意味や使い方についての説明がありました。

議員意見交換①.JPG議員意見交換②.JPG

 参加した学生から「初めて参加したが、よい経験となった」「政治への関心が高まった」「県政についてもう少し事前に調べておけば良かった」「福祉に関する質問や答弁を聞きたかった」などの感想がありました。

 3時間という長い時間でしたが、終わった後の学生の表情は清々しい感じでした。このような機会がないと県議会へ参加する機会がなく、貴重な体験になりました。

社会福祉専攻 講師  松尾 祐子

アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.