HOME » » 学科トピックス » 社会福祉学科/社会福祉専攻 » 祝 内定報告【第5報】<キャリア開発・支援課>

祝 内定報告【第5報】<キャリア開発・支援課>

内定おめでとうございます!

若林さん・坂井さん.JPG

(左)若林佑香さん・(右)坂井夏実さん 【社会福祉学科社会福祉専攻】

≪内定先:医療法人社団親和会 老人保健施設チューリップ苑≫



Q1.就職内定おめでとうございます。今の気持ちを教えてください。

A1.

(若林) ありがとうございます。内定をいただけて嬉しいです。

(坂井) とても嬉しいです。ですが、実感がまだないです。気がゆるまないよう残りの学生

     生活を充実させたいです。


Q2.就職活動を振り返って思うことは何ですか?また、志望理由も教えてください。

A2.

(若林) とても大変でした。また、家族や友達に話を聞いてもらったりしていたので、いろ

     いろな人に支えてもらっていたのだと思いました。志望理由は、老人保健施設で

     在宅生活している方や在宅生活に復帰しようとしている方の支えになりたいと思っ

     たからです。

(坂井) こちらの施設や職員の方々の雰囲気がとても良く、是非働きたいと思い志望しま

     した。試験は短大受験の時よりも緊張しました。内定をいただくまで不安がずっと

     ありました。


Q3.内定を勝ち取った要因は何だと思いますか?

A3.

(若林) 施設訪問の際に、自分の思いをはっきりと伝えたことだと思います。

(坂井) 面接で明るく話すことができたからだと思います。試験の前に面接練習とイメージ

     トレーニングを繰り返し行いました。


Q4.どんな社会人を目指しますか?

A4.

(若林) 責任感のある社会人になりたいです。

(坂井) 責任感があり自立した社会人を目指します。


Q5.後輩へアドバイスやメッセージをお願いします。

A5.

(若林) 就職活動中はとても大変だとは思いますが、家族や友達に話を聞いてもらったり、

     時々は遊んだりと気分を変えて頑張ってください。

(坂井) みんな緊張すると思いますが、たくさん練習をして笑顔で頑張ってください!
 

二人とも内定通知が届いた時は手をとりあって喜んでいました。

 今の気持ちを忘れずに頑張ってください!

アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.