HOME » » 学科トピックス » 社会福祉学科/社会福祉専攻 » 【授業紹介】富山コミュニティー論

【授業紹介】富山コミュニティー論

今年度から始まった新しい科目の授業を紹介します。

今回は、社会福祉学科社会福祉専攻 鷹西教授の授業を紹介します。



■科目名:富山コミュニティー論

■担当教員:竹ノ山、鷹西、松尾、村田

■テーマ:主体的に地域の課題を学び、その解決のために必要な目標を設定し、具体的に「ひと・こと・もの」(地域社会)に関わる行動に移し、自身を「つくり、つくりかえ、つくる」実践力を高める、となっており、学生さん一人ひとりが地域に出てその解決課題を模索する内容です。



今回は「フィールドワーク」の練習で福祉用具の展示会に行きました。

ちなみにフィールドワークとは、実際に現場に出て調べるということです。

対象となる事象に触れ、自分の考えとは違う新しい何かを学び、そこから実践するのがこの授業のねらいです。



クラス全員で、それぞれ展示会に行き、自分が気になったものを撮影し、それについて発表するという写真観察法を行いました。

富山コミュニティー論10.26-1.jpg
富山コミュニティー論10.26-2.jpg

ある学生の撮った自動車の車いす積み込み用リフトの写真です。

車いすが日常的にない生活を送っている人からみるととても気になったようです。



次回の授業では撮った写真を使ってそれぞれが発表を行います。どうなるのか私も楽しみです。



社会福祉専攻 鷹西 恒

アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.