HOME » » 学科トピックス » 社会福祉学科/介護福祉専攻 » 介護福祉専攻卒業生が『認知症ケア学会』で発表!

介護福祉専攻卒業生が『認知症ケア学会』で発表!

 10月4日(日)、金沢市にある石川県文教会館にて『一般社団法人日本認知症ケア学会』が開催され、本学社会福祉学科介護福祉専攻の25年度卒業生の西川由加里さんと、26年度卒業生の本川静香さんが演題発表をしてきました。

 この学会は、介護現場等で働く認知症ケア専門士や認知症ケアに関心のある方々が参加しています。今回は北陸・甲信越地域大会であり、メイン会場であるホールを埋め尽くす約500名が参加しました。卒業生のお二人はパワーポイントを使用し、研究の成果を7分間で口頭発表しました。

西川さん本川さん.JPG



 午前中の演題発表Ⅰでは西川さんが発表しました。発表テーマは「介護職員の認知症高齢者に対するアセスメントの類型化と今後の研修に関する検討」です。

 内容は、本学介護福祉専攻が昨年度1年間実施した「若手介護福祉士スキルアップ研修」を受講していた西川さんが、研修会受講者が発表した中間報告の内容を分析したものです。富山県の介護従事者である座長からは、今後の本人への充実したケア実践に向けたエール、本学における研修会の継続に期待する意見が述べられました。

 この研修会は今年度も実施しており、これらの成果は西川さんの後を引き継ぎ、専攻教員の協同研究で今後発表予定です。

西川さん.JPG



 午後の演題発表Ⅱのトップバッターは、本川さんです。テーマは「高齢者介護実習における音楽と香りのある写真を活用した回想法に関する質的研究」です。これは本川さんが本学在学中の高齢者施設実習で行ったレクリエーションの成果をまとめたものです。発表後には他県の介護従事者から質問があり、それに堂々と答える場面も見受けられました。


本川さん.JPG
 本学介護福祉専攻では、各教員が学生の皆さんに対し、在学中だけではなく卒業後も質の高いケア実践者を目指してもらうため、研修会の開催や様々な相談にのっています。
 このホームページを見ている将来の介護福祉士の皆さん、ぜひ福短で充実した未来形成をしてみませんか。

 

アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.