HOME » » 学科トピックス » 幼児教育学科 » 富山市ファミリーパークで学外実習を行いました!(幼児教育学科1年)

富山市ファミリーパークで学外実習を行いました!(幼児教育学科1年)

7月17日(金)に、幼児教育学科1年生が富山市ファミリーパークへ学外実習へ行ってきました。そのときの様子をご紹介します!



■目的 : 将来、子どもと接する機会の多い学生に、将来の活動に生かすことのできる動物飼育体験や自然体験の場を提供する。

■日時 : 平成27年7月17日(金)

■対象 : 富山福祉短期大学 幼児教育学科「幼児と自然」受講生1年 学生51名


ファミリーパークでは、3つの実習を行いました。

・実習A 「ウサギの飼育」「いのちを感じよう」

ウサギは保育園や幼稚園などで実際に飼育されています。飼育員の方から、ウサギの生態から体調管理の方法など説明を受け、一人ひとり抱きかかえながら、ウサギの爪や目の色、糞の様子など観察し記録していました。

またファミリーパークで飼育されている小動物(鶏やモルモット、ヤギなど)も近くで観察し、特徴の確認などを行っていました。

HP_famipa1.jpgHP_famipa2.jpgHP_famipa3.jpg
・実習B 「動物を触ってみよう」

爬虫類や両性類、昆虫を実際に触り観察しました。

アオダイショウ(ヘビ)やカエルを前に腰が引けて、その場から後ずさってしまう学生もいましたが、まずは指で触れることから始め、少しずつ慣れてやさしくしっかりと捕まえることができる学生も出てきました。

子どもたちに命の大切さを教え、自然と触れ合うことを伝える保育者として、自らが苦手意識をなくし、動物たちと触れ合うことの大切さを学びました。

HP_famipa4.jpgHP_famipa5.jpgHP_famipa6.jpg

・実習C 自然とのかかわり「わくわく田んぼ」

汚れることを怖がらず、子どもの気持ちにもどって田んぼのなかで大はしゃぎしました。はじめは抵抗感もあったようですが、一度汚れてしまえば覚悟が決まったのか泥んこの田んぼの中へダイビングする学生もいました。学生たちはイキイキした表情で田んぼの中を駆け回っていました。


HP_famipa9.jpgHP_famipa7.jpgHP_famipa8.jpg

今回の学外実習を通して、学生たちはいのちの大切さや、動物とふれあう楽しさを学ぶことができたことと思います。将来、園児たちに対して、動物を飼育する上での注意事項や動物に関する知識、動物とふれあうことの楽しさを伝えることのできる保育士や幼稚園教諭になってくれることでしょう。

幼児教育学科 教員 岡野宏宣

アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.