HOME » » 学科トピックス » » 宿泊研修に行ってきました!(看護学科1年)

宿泊研修に行ってきました!(看護学科1年)

看護学科の1年生が、岐阜県へ宿泊研修に行ってきました。この宿泊研修は、学生・教員の親睦を深め、看護学生としての意識を再確認するために企画されたイベントです。


■研修目的:

 1.自然環境の中で、心身のリフレッシュを図る

 2.短期大学生として1ヶ月を振り返り、看護学生としての意識を再確認する

 3.学生および教員と交流し、親睦を深める機会とする


■ 日 程 : 2015年5月8日(金)~5月9日(土) 1泊2日


■宿泊場所: トヨタ白川郷自然学校

HP_shirakawagoshugo.jpg

看護学科1年生76名、専任教員5名が参加して宿泊研修に行ってきました。

5月8日(金) 9時に本学に集合し、出発!

途中、白川郷でグループに分かれて散策し、昼食をとりました。

HP_白川郷散策1.jpgHP_白川郷散策2.jpg

トヨタ白川郷自然学校へ到着すると、『看護学概論』の授業として、「私が目指す看護師像」をテーマにグループワークと発表を行いました。

グループワークでは、それぞれの意見を言い合うことで交流があり、教員の助言によって新たな学びもあったようです。入学してまだ1ヶ月の学生たちですが、それぞれの看護に対する思いをプレゼンテーションすることで、看護職を志す気力が確実にステップアップした時間となりました。

HP_宿泊研修GW.jpgHP_宿泊研修発表2.jpgHP_宿泊研修発表.jpg

夕食は、フレンチハーフコースをいただきました。

「ナイフとフォークをうまく使えたよ!」と自身のテーブルマナーに満足気な表情がみられたり、「美味しい!!」とグループ内で思わず笑みがこぼれる1コマがあったりと、楽しいひと時となりました。

HP_フレンチハーフコース2.jpgHP_フレンチハーフコース.jpg

翌日は、「三町筋散策」「高山 まつりの森見学」、昼食は飛騨牛握りの食事をいただき帰路に付きました。

研修に参加する前は、関わりを持つ機会が少なかった学生同士もいて少し不安もあったようですが、1泊2日研修でグループや部屋が同じになったことで、今まであまり関わったことがなかった学生同士の親睦が深まったようでした。

アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.