HOME » » 学科トピックス » » 【授業紹介】介護の基本Ⅰ(介護福祉専攻1年)

【授業紹介】介護の基本Ⅰ(介護福祉専攻1年)

今回は、介護福祉専攻1年生の特別授業をご紹介します。

■科目名:介護の基本Ⅰ(担当教員:牛田 篤 講師)

■授業科目の学習教育目標の概要:

本科目は介護領域の基盤となる科目です。介護の目的、求められる介護福祉士の全体像について理解する。また、介護福祉士の専門領域である生活や生活障害の理解、生活の流れを捉え、その人らしい生活支援への視点についての基礎知識を習得する。

今回の特別授業では、医療法人社団一志会 池田リハビリテーション病院 介護福祉士 中田伶奈 さんにお越しいただき、これから『介護』を学ぶにあたって、「介護福祉士の魅力」についてお話していただきました。

介護の基本Ⅰ特別講義27.04.23-1.jpg

『介護』の仕事とは、「ありがとう」が行き来する仕事であり「笑顔」があふれる仕事であること。「笑顔」には、周りを和ませ、明るくし元気にしてくれるパワーがあり、笑うことが大切だということを学びました。

介護の現場でのやりがいや楽しいことについてわかりやすく事例を挙げて教えてくださいました。

・患者様の笑顔が見られること

・「ありがとう」が聞けること

・日頃反応がない人が自分の声かけで答えてくれること

・自分の名前を憶えてくれること

・患者様が頼ってくれること

・介護技術(おむつ交換や移乗介助)がスムーズにできて、相手に負担・不安を与えないようにできた時

・研修等で、新しい発見をして、それを現場でフォードバックし現場で共有できたとき

介護の基本Ⅰ特別講義27.04.23-2.jpg

また、これから『介護』について学んでいくにあたり、まず授業で基本的なことを身につけた上で実習に取り組んで欲しい。そして実習(現場)でしか学ぶことができないことも多くあること、大切なことをわかりやすくまとめていただきました。

・その人、その人にあったケアを考え・行う。

・私たちが一日の中で一番多く関わることができる。

・異常・異変に気づいて早期対処ができる。

・他職種に発信することができる。

・「ありがとう」には、2種類ある。

・「笑顔」はコミュニケーションの初めの一歩。

介護の基本Ⅰ特別講義27.04.23-3.jpg

学生たちは、熱心に耳を傾け学びをノートに書き留めていました。

今回の授業で学んだことを、今後の学びや実習などで十分活かしていってほしいと思います。

アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.