HOME » » 学科トピックス » 看護学科 » リレーメッセージin看護―38

リレーメッセージin看護―38

今年度4月より、荒木教授が誕生しました。先生は在宅看護のスペシャリストとして更に活躍が期待されています。

荒木教授.jpgこんにちは。またまた荒木です。           

かたいつぼみの時も満開の花の時も、風に散る花吹雪も何とも言えないくらい大好きな桜の季節となりました。



私は以前にも書きましたが、病院や訪問看護ステーションでの勤務経験があります。病院での看護もやりがいを感じましたが、訪問看護の魅力に引き込まれ、学生に在宅看護の魅力を伝えたいと教員になりました。講義をしていて思うことは、「看護の原点は、在宅にある。」そして、学生時代に学んだ「看護覚え書」に通じるということです。



皆さんはナイチンゲールの名前を知っていますか?名前を知っている人は多いと思います。戦場で敵味方問わず看護した人のイメージでしょうか?

フローレンス・ナイチンゲール(1820- 1910年)は、クリミア戦争での負傷兵たちに看護したことで有名ですよね。イギリス看護師社会起業家統計学者看護教育学者で、近代看護教育の母といわれています。



私が学生の頃、授業で「看護覚え書」について学びました。「看護覚え書」とは1世紀以上も前にナイチンゲールによって書かれたもので、「看護とは、新鮮な空気、陽光、暖かさ、清潔さ、静かさなどを 適切に整え・・・・患者の生命力の消耗を最小に整えることを意味する技術・・・」 など看護の思想の原点を示すバイブル的なものです。最近になって目をとおしても、「そのとおり、ナイチンゲールってすごいな。」と時代が流れ社会が変化しても、今なお通じることに感動しているこの頃です。

看護って何だろう?その専門性について一緒学び考えませんか?ナイチンゲールの書にふれてみませんか?


ナイチンゲールの名言・格言

 看護を行う私たちは、人間とは何か、人はいかに生きるかをいつも問いただし、

 ナイチンゲール2.jpg                    研鑽を積んでいく必要がある。

アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.