HOME » » 学科トピックス » » 介護実習Ⅱ-②合同報告会を行いました(介護福祉専攻)

介護実習Ⅱ-②合同報告会を行いました(介護福祉専攻)

1215日(月)、介護福祉専攻の1年生と2年生が合同で「介護実習Ⅱ-②報告会」を行いました。

 

■科目名:「介護実習Ⅱ-②」(牛田 篤 助教)

 

■授業科目の学習教育目標の概要:

本科目は、アクティブラーニングを基本とする。利用者の介護計画を立案し、実施、評価、修正できることを目標とする。また、実習生自ら設定する課題に基づいて、介護福祉士として必要な能力を習得する最後の実習である。

 

 

2月から、入学して2回目の実習である「介護実習Ⅱ-①」に臨む介護福祉専攻1年生に対して、学生生活最後の実習「介護実習Ⅱ‐②」を終了した2年生が自身の実習報告を行いました。

1年生と2年生を含む45人のグループに分かれて報告を聴き、一定時間が過ぎる1年生がローテーションをします。1年生は、多くの先輩の実習報告を聴くことができました。

 

HP_実習報告12年3.jpg HP_実習報告12年4.jpg


報告をきいた後の質疑応答の時間には、利用者の方への対応や日誌の書き方など、1年生は積極的に質問をしていました。2年生の報告をきいて疑問に思ったことはもちろん、1回目の実習で体験してみて不安に感じていたことを、先輩に質問して解決することもできました。先輩方の体験談を聞き、次回の実習への更なるやる気につながったことと思います。今回は、主に認知症の高齢者に対する個別ケアについて、どのようにアセスメントし、根拠に基づいた計画の立案、実施、評価するかを学ぶ機会となりました。

また、2年生たちは1年生からの質問に答えることで、自分たちの実習をふり返り、さらに学びを深めることができました。

 

HP_実習報告12年1.jpg HP_実習報告12年2.jpg

1年生の皆さんは2月からの実習に向けて、2年生の皆さんは卒業後の進路に向けて、これからもがんばってほしいと思います。

 

アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.