HOME » » 学科トピックス » 看護学科 » リレーメッセージin看護―14

リレーメッセージin看護―14

はじめまして、看護学科のリレーメッセージ第14回の担当の中田智子と申します。

私は、当短大では、主に、看護学科の13年生の臨地実習や学内演習で学生と関わっています。今は、後期がスタートし、3年生は領域実習の後半に突入しました。

 

私が実習担当している成人看護学実習(急性期)は、91日から射水市民病院の整形外科病棟、外科病棟、手術室、HCUに別れて、4週間の実習を展開します。実習前の実技演習は2年次の成人看護学援助論(急性期)の講義演習のなかで実施していますが、実習直前には、これまでの復習として、手術時の手洗い、ガウンテクニック、滅菌手袋の装着や、気管内挿管の介助などを、本番さながらの真剣な面持ちでおさらいをして、実習にいきます。実習では手術室で、医師や器械出し看護師の滅菌ガウン装着の介助も体験することができるため、学生にとって成人看護学は、各領域の中では一番緊張感の高い実習という先輩の触れ込みもあり事前準備から学生間のだめだしが出されます。


成人看護学実習Ⅰ(急性期)1.jpg
 








成人看護学実習Ⅰ(急性期)2.jpg



















成人看護学援助論(急性期)の実習の目標は、

1.手術を受ける患者の術前・術中・術後の特徴を理解する

2.手術を受ける患者及び家族のニーズに応じた看護過程の展開について体験的に学ぶ

3.手術を受ける患者の回復支援のための看護師の役割を理解する

展開内容は、

1週間は、手術室において、全身麻酔や局所麻酔で行なわれる実際の麻酔や手術の様子を見学し、手術室看護師の役割と手術を受ける患者の手術侵襲について学びます。実際には、外回り看護師に同行し、安全安楽に手術を行なうための物品の準備や、手術予定の患者さまの術前訪問の見学、器械出し看護師の手術器械の準備の見学、手術見学します。



看護師.jpg
また、病棟実習では、期間は2週間で、周手術期の患者さんを受け持たせていただき、身体面・心理面における回復支援の看護援助を学習します。ここでは、実習前の練習で行った清潔援助が役立つときです。患者さんの状態・個別性・術式に合わせた援助の方法を考え、計画を立て、リハビリ期の筋肉痛の患者さまに、シャワー浴や背部の清拭を毎日行なったり、足浴を行ない循環を促し下肢の浮腫の緩和を図ったり、ドレーンが入っていて入浴できない患者さんには、ベッド上での洗髪を援助したり、退院後の生活を患者さんと一緒に考えたりしています。


学生が行なった援助に、患者さんからの温かい感謝の言葉や笑顔を頂き、学生は看護の喜びを感じ、もっと何かをやってあげたい、楽にしてあげたいと援助者と患者の総合関係が大きく展開し、次の効果的な支援につなげる場面でもあり教員の醍醐味を感じる場面でもあります。


手術.jpg
周手術期の看護では、患者さんの状態観察を行ない、異常の早期発見や術後合併症の予防、早期離床と回復支援の援助へと、時間が早く、追いかけられるように展開で進むので、学生は最初は戸惑い難しく感じていますが、患者さんの反応としっかりとした観察力と予測する合併症はあるパターンがあることを考えられるようになり、フィジカルアセスメント力が生かされ、目に見える変化の過程と患者さんの回復に援助の達成感が得られます。実習を終えて、急性期看護が好きになる学生、手術室看護師になりたいと思う学生、ICU HCUで重症な患者の看護に興味を持つ学生なども出てきています。


「看護っておもしろいな・いいな・変化の過程や人間の回復力」に驚きと驚異をいだき急性期の看護を希望する学生がこれからもどんどん増えるように、内容の濃い充実した実習を支援していきたいと思っています。

赤とんぼ.jpg

アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.