HOME » » 学科トピックス » » 平成26年度射水市総合防災訓練へ看護学科2年生が参加

平成26年度射水市総合防災訓練へ看護学科2年生が参加

9月28日(日)9時から射水市民病院で行われた平成26年度射水市総合防災訓練へ看護学科2年生約80名が参加しました。

この訓練への参加は、授業「看護管理論」の一環として行われたものであり、学生のうち約30名が特殊メーク等を施した模擬患者として参加し、他の学生は患者役の学生が次々とトリアージ(※)を受け、傷病の状況により次々と搬送された後、手当を受ける様子を見学しました。

021.JPG
手順や対応内容を確認するためのリハーサルの後、訓練(本番)が実施され、緊迫した雰囲気の中、模擬患者役の学生たちに対して医師・看護師らの手際のよい行動が展開され、見学の学生たちも真剣にメモを取るなどしていました。

027.JPG
トリアージまたはトリアージュ(仏: triage):災害医療において、負傷者等の患者が同時発生的に多数発生した場合に、医療体制・設備を考慮しつつ傷病者の重症度と緊急度によって分別し、治療や搬送先の順位を決定すること。

002.JPG

アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.