HOME » » 学科トピックス » » 「卒業生から近況報告をいただきました」

「卒業生から近況報告をいただきました」

社会福祉学科介護福祉専攻を卒業し、福祉の仕事に就いた卒業生が【福短】を訪れてくれました。卒業生が近況報告に訪れてくれることは教職員一同本当に嬉しい出来事です♪

 

■二上彩美さん/竹内明日香さん(ふしき苑 勤務)

HP(二上彩美さん 竹内明日香さん).JPG(左:二上彩美さん/中央:毛利先生/右:竹内明日香さん)

 

Q. 現在のお仕事の内容を教えてください。

A.(二上さん)利用者の方へ食事介助・入浴介助などの毎日お手伝いをさせていもらっています。

A.(竹内さん)入所されている方が日々を安心・安全に過ごして頂けるように介護を行っています。

 

Q. なぜ現在のお仕事に就こうと思ったのですか。

A.(二上さん)家族に介護が必要としている人がいたから。実際に、老人ホームへ行ってみて人の役にたてる仕事だと思えたから。

A.(竹内さん)祖父が介護が必要になった時に自分は何もできずただ見ているだけでした。そのため介護が必要になった方の力に少しでもなれたらと思い、この仕事に就こうと思いました。

 

Q. 現在の仕事のやりがいや大変なことを教えてください。

A.(二上さん)利用者の方が、自分の名前を覚えて呼んでくれることが日々の仕事の中でやりがいを感じます。大変な事は在宅復帰に向けてのリハビリです。大変ではあるけど、少しずつ変化が見えて嬉しいです。

A.(竹内さん)認知症の利用者の方が私の下の名前を覚えてくれ、ハグしてくれることです。大変なことは、科学的ケアの実践です。でも、歩行ができないと思っていた利用者さんが歩行器を使用し、少しずつ歩行距離がのびてきているのでやりがいは感じています。

 

Q. 富山福祉短期大学を卒業して今思うことは?

A.(二上さん)もっと講義をよく聞いておけばよかったと思います。介護面・技術面でもう1度学びたい事がたくさんあります。

A.(竹内さん)技術や知識をもっと勉強しておけばよかった。

 

Q. 今後の目標を教えてください。

A.(二上さん)もっと多くの利用者さんに名前を覚えてもらい、距離を縮めたいです。まだ先の話ですが、ケアマネージャー資格取得のために頑張りたいです。

A.(竹内さん)ケアマネージャー資格取得

 

Q. 福短へ入学してくる高校生や、在学生に向けて、メッセージをお願いします。アドバイスなど、是非お願いします。

A.(二上さん)介護は3Kと言われているけど、実際そうでもなく、楽しい場所です。利用者さんと会話したり、一緒に行動できる事で、毎日の仕事に楽しさとやりがいを感じられます。

A.(竹内さん)介護は大変な仕事だと思われがちですが、それ以上にやりがいのある仕事です。介護の仕事をやりたいと思っている方は、2年間大切にしていろいろなことを学んでください。

 

 

アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.