HOME » » 学科トピックス » » 【授業紹介】  『介護実習Ⅱ-①』報告会   (介護福祉専攻2年)

【授業紹介】  『介護実習Ⅱ-①』報告会   (介護福祉専攻2年)

【福短】では、年間を通して学生たちの授業の様子を取材し、ご紹介しています。

今回は、社会福祉学科 介護福祉専攻2年生の『介護実習Ⅱ-報告会の様子をご紹介します。

 

■科目:介護実習Ⅱ-毛利 亘 講師

■学習教育目標の概要:個別性を尊重した介護計画を立案すること、利用者の心身の状況に応じた生活支援技術を実践すること

 

本日は、1年次の2月~3月に行った「介護実習Ⅱ-①」についての報告会です。

発表者は順次前に出て発表し、その後質疑応答の時間がありました。

25.05.02介護実習Ⅱ-①報告会1.JPG 25.05.02介護実習Ⅱ-①報告会.2.JPG 

実習では、各自が利用者の心身の状況に応じた介護計画を立案して臨みました。が実際の実習ではなかなか計画通りにならないこともありました。報告では、「計画を実践することによって、利用者さんの豊かな表情を見ることができた。もっと信頼関係を築き、優先順位を考えた介助をしたい」「次回の実習では、こうなって欲しいという自分の考えをあまり持たず、利用者の思いを最優先に受け止めたい」

「次の実習では、利用者の方との交流をもっと図りたい」

「職員の方に利用者のことを聞くのが不十分だったため、介護者目線の計画になってしまった。コミュニケーションをとりながら利用者目線でのぞみたい」などの意見が聞かれました。

25.05.02介護実習Ⅱ-①報告会3.JPG 25.05.02介護実習Ⅱ-①報告会4.JPG

聞き手側も自分の実習を振り返りながら、質疑応答の際には、「自分はこのようにすればよかったと思うが、こういうことは試みたか」「この事例はどうだったか」などと身振りを加えながらの質問が多くありました。

学生たちは、実習をしっかりと振り返ることにより何が問題だったのかを考え、次回実習に対する課題も明確になりました。

 

 

アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.