HOME » » 学科トピックス

富山福祉短期大学学科トピックス

在宅看護を担当している炭谷です。

2月に入りましたが今年は暖冬だったようで雪もあまり積もっていません。

これを書いている日は2/15ですが、2年生は領域別実習で課題に追われているようです。

私が学生だったころを思い出します。

そして3年生は2/17に3年間の集大成になる看護師国家試験を受験します。

リレーメッセージin看護147.jpg










私が学生のときに言われていた言葉があります。

それは

「良い看護師・悪い看護師とあるがその前に国家試験に受からないと看護師にすらなれない。国家試験に受からなければただの人」

厳しい言葉ですがその通りです。

3年間の中ではわからないことや課題に追われたこと、実習でできないことに悔しい思いをしたことなどあったかと思います。

その今まで学習してきたこと、実習で経験したことを全部使って頑張ってきます。

卒業生からも労いのプレゼントもあるようです。

この国家試験に合格して「看護師」に

その後この短大で学んだことを活かして「良い看護師」になることを期待しています。


リレーメッセージin看護147-2.jpg



2月5日(火)社会福祉専攻2年生のソーシャルワーク研究・心理学研究発表会が開催されました。

この日、発表に臨んだ4名の学生は、社会福祉専攻で学んできた2年間の集大成として、自ら取り組んだ研究成果を発表しました。

【心理学研究】

■ 「幸福をつかむための自尊感情の築きかた」  石黒亜美

2018ソーシャルワーク研究・心理研究発表①、.jpg

■「ホームレスの人はなぜ援助されにくいのか?‐ネガティブな印象と件の感情が援助意思に及ぼす影響-」  西田裕弥

2018ソーシャルワーク研究・心理研究発表②、.jpg

【ソーシャルワーク研究】



■「愛着障害とその理解について」 折谷侑紀

2018ソーシャルワーク研究・心理研究発表③、.jpg



■「認知症カフェの継続要素に関する研究-地域包括支援センターの職員からの視点-」 

今井直美(共同研究者 高橋 雪那)

2018ソーシャルワーク研究・心理研究発表①.jpg



発表者の発表を真剣に1・2年生も聞きながら、各学年からの質疑応答もあり、充実した発表会となりました。



竹ノ山学科長から、「発表者が取り組んだ研究テーマは、それぞれが問題意識を持って選んだテーマであり、それだけに自ら情熱を持って多大な労力と時間を費やして情報収集し、調査や実験に取り組んだ成果として、本日、発表されたものです。これこそが主体的な学びの実践ではないでしょうか。

2018ソーシャルワーク研究・心理研究発表⑤.jpg


ここにこそ学ぶ喜びと素晴らしさがあると、私も感じましたし、発表者本人たちも感じたと思います。

学ぶことは、いつでもどこでも実践することができます。これからもぜひ続けていってください」と、エールを頂きました。



最後には、社会福祉専攻の教員より、学生たちへ心に響く講評を頂きました。



発表者の皆様、お疲れ様でした。初めての研究で戸惑う部分が多々あったと思いますが、この経験を次へ活かし、成長して下さい。

社会福祉専攻 中村 尚紀

「富山コミュニティー論」では、実際に地域に出向き、地域の課題を理解することを目的としています。今回は、社会福祉専攻1年生の学習成果報告会の様子を紹介します。


報告会開催日:2019年2月5日(火)


学生たちは3つのグループ(AD別)に分かれて、文献調査、訪問調査、フィールドワークを行ってきました。


①「プロジェクトDによる手話言語普及のための活動報告」

 「言語としての手話の認識」などを目指して、「手話言語PR動画」を作成し「手話教室」を開催しました。手話教室では手話ソング「ドラえもん」を披露しました。
富山コミュニティー論H30-1.JPG


②いみずCaféコン ~今日、恋をはじめます。~

 若者の結婚に関する動向を調査し、射水市の内川周辺での婚活パーティを企画して、

射水市の「いみず学生アイデアコンテスト」に応募しました

特別賞受賞富山コミュニティー論H30-2.JPG



③「地域福祉とボランティアin高岡

 高岡市社会福祉協議会ボランティアセンター主催の「ボランティア広場」へ参加し、地域のボランティア団体の活動を調査し、高岡市社会福祉協議会を訪問し活動の状況についてお聞きしました。
富山コミュニティー論H30-3.JPG


[学生の感想]

・今回の活動を通して手話や手話言語条例について学ぶことができました。聴覚障がい者の方が困っていることを知るきっかけになり、手話の必要性を再確認することができました。これからも手話がより広い言語として親しまれ定着していってほしいと思っています。



・他のグループの発表を聞いて、様々な視点から地域を見ることの大切さを学びました。私達のグループは地域福祉の視点で調査しましたが、結婚や手話などの視点で地域を見ることで、様々な地域の課題が見えることを知りました。



・報告会を通して、高岡市のボランティア団体が目標をもって活動していること、射水市が全国に誇る魅力があること、手話でコミュニケーションをとることができることを学びました。



授業を通して、射水市や富山県や地域の良さと地域の課題に気づいたのではないでしょうか?問題意識をもち地域に出向き、実際に活動されている方からお話を聞き、自分達にできることを考える良い機会になったと思います。

また、学生たちは地域の方との関わりや、学生同士の意見交換を通して、多くのことを学び少し成長したように感じます。

社会福祉専攻 講師 松尾 祐子

第14回卒業記念発表会創作ミュージカル「にんぎょひめ」を開催します。

富山福祉短期大学の幼児教育学科で学んできた学生達が、学びの集大成として、台本・作曲・舞台・衣装と、全て手作りで取り組むミュージカルです!

観覧をご希望される方は、是非お申込下さい!

創作ミュージカル「にんぎょひめ

日時:2019年2月23日(土)

    【午前の部】開場10:30/開演11:00(12:00終了)

    【午後の部】開場14:00/開演14:30(15:30終了)

会場:射水市大島絵本館

対象:どなたでも

入場料:無料

お申込みはこちらから!

※ご入場には整理券が必要となります。HPからお申込みの方は、受付完了メールをプリントアウトしたものが整理券となりますので、そちらをご持参下さい。

にんぎょひめ.jpg

ミュージカルにんぎょひめ ちらし.pdf

IMG_2782.jpg1月29日(火)に高大連携事業修了式を行いました。富山福祉短期大学と小杉高校では高大連携事業「保育と表現実技」を行っています。保育・幼児教育の道を目指している小杉高校生10名が、本学の幼児教育学科教員が行う特別講義を受講してきました。

終了式では、これらの課程を修了した小杉高校生10名に対して、本学の炭谷学長より修了証を手渡しました。


                 修了証を受け取る小杉高校生

IMG_2762.jpg

富山福祉短期大学 幼児教育学科 石津学科長

「授業に対する意欲や態度、人柄が素晴らしい生徒さんたちでした。保育者としてのベースの力がすでに備わっていると思います。将来、地域で保育を担う人材として活躍されることを期待します。」


小杉高校生インタビュー

「講義の内容が楽しくてまた来たいと思った」

「この課程で学んだことを活かして、将来保育士として頑張っていきたい」


今回の高大連携事業が高校生の今後の進路や学習の助けとなれば幸いです。

IMG_2742.jpg看護学科ではボランティア活動の一環として、例年1月に「がんの子どもを守る会」の募金活動を行っています。2月15日の"国際小児がんデ―"の啓発活動も兼ねています。

今年は1月21日(月)~1月24日(木)の期間で、5号館1階にゴールドリボンのツリーを設置し、昼休み時間にボランティア学生と募金の呼びかけを行いました。

                   募金活動を行う看護学科学生
IMG_2737.jpg                  笑顔で呼びかける学生達

IMG_2726.jpg

学生達による活動で、9950円の募金が集まりました!

ご協力していただいた皆様、本当にありがとうございました。

富山福祉短期大学では、ボランティア活動に学生が積極的に参加しています。ボランティア活動に興味がある貴方、是非、本学の学生と一緒にボランティア活動へ参加してみませんか?お待ちしています!

社会福祉学科社会福祉専攻「相談援助実習指導」の授業を紹介します。

■日時:1月10日(木)3限



社会福祉専攻では1年生の入学時から、実習に向けての準備として「相談援助実習指導」という授業があります。

1年生前期では実習先の指導者の方に来て頂いてお話を聞いたり、グループで実習先について調べて発表したりしてきました。



相談援助実習指導Ⅱ-2①.jpg
相談援助実習指導Ⅱ-10②.jpg



今回は「2年生から学ぶ」授業として、5週間の実習を終えた2年生から小グループに分かれて、実習中に書いた記録を見せたり、実習での体験を身ぶり手ぶりも交えながら語ったりしていました。

1年生は少し緊張しながら2年生の話を真剣に聞いて、時々質問をしていました。



相談援助実習指導Ⅱ-9③.jpg
相談援助実習指導Ⅱ-1④.jpg
相談援助実習指導Ⅱ-6⑤.jpg



実習での体験を活き活きと1年生に話している姿をみて、2年生の成長を実感しました。2年生にとっても自分自身の学びを振り返る良い機会になったのではないかと思います。
 1年生はこれからの実習に向けて心構えをしっかりもち、今後の事前学習に取り組んでもらいたいと思います。

社会福祉専攻 講師 松尾 祐子

精神看護学を担当している大永です。



最近、つらいことはありませんでしたか?落ち込んだことは?悲しかったことは?

知らず知らずのうちにため息ばかりついていませんか?そんな時、どのようにして自分を立て直していますか?おいしいものを食べたり、好きな人の声をきいたり、人に話を聞いてもらったり、でしょうか?

心のざわざわに耐えているうちに、時間が解決してくれたでしょうか?悩みや心配事が全くない人はいませんよね。どうにか対処できているうちはいいのですが、どうにもならなくなり、療養が必要になることもあります。

精神障害は誰でも体験する可能性があります。人はいろいろな危機に遭って、乗り越えながら生きていきます。危機に対して人はさまざまな反応をしますが、精神障害は1つの反応の仕方であり、精神障害は特殊なものではありません。このように、精神看護学では精神障害を持つ人だけでなく全ての人を対象にしています。また、精神疾患について学ぶだけでなく、生きるとはどういうことか考え、人の痛みや苦しみを想像する力をつけることもねらいとしています。



生きるとはどういうことか考え、人の痛みや苦しみを想像する力をつけるために・・・。

そのために必要なことは何でしょうか?いろいろな経験をすることで、考えの幅は広がり、想像する力もついてくると思います。でも一番大切なのは、自分は知っている、もうわかった、と決めつけてしまわないことではないかと思います。私自身も、自分の思考の歩みを止めないように、日々を過ごしていきたいと思います。



さて、今回は精神看護学援助論の授業をご紹介します。

この授業では、学生が自分たちで患者設定し、事例を考え看護過程の展開をしました。写真はグループ発表の様子です。患者さんを理解するには、多面的に患者さんをみる必要があります。患者さんの成育歴や家族背景など、精神疾患を発症したその時だけでなく、その方の人生のプロセスも把握する必要があります。学生たちは、患者さんは今までにどのような経験をしてきて、現在はどういった状態であるのか、詳細な設定を行っていました。看護リレー20190118.jpg

また、疾患をよく知らないと、患者さんの状況設定をすることは難しいのですが、学生はグループメンバーで協力し合い、よくがんばりました。



1月の終わりから、専門領域の実習が始まります。有意義な実習になるようにサポートします。一緒にがんばりましょう!

看護リレー20190118に.jpg

社会福祉学科社会福祉専攻の学生が、地域活動の一環として学生と食生活改善推進協議会の方たちとの交流を行いました。



■日時:1月11日(金) 9:30~13:00

■場所:三ケコミュニティセンター

■主催:射水市食生活改善推進協議会

■学生参加者:社会福祉学科 社会福祉専攻1年生(14名)



交流会の前半は食生活改善に関する講義を受け、後半は調理実習を行いました。

射水市食生活改善推進協議会1-1.jpg

献立は、ご飯(富富富)、豚肉の野菜巻き、冬瓜のあんかけ、いとこ煮、フルーツ白玉。

射水市食生活改善推進協議会2-2.jpg

学生の中には普段から炊事をしている学生もいれば、そうではない学生もいて、中には冬瓜を初めて見た学生もいました。

射水市食生活改善推進協議会3-3.jpg

調理の最初は少しおぼつかない感じで食材を切ったり炒めたりしていましたが、協議会の人たちの的確な指導によって徐々に調理にも慣れ、皆和気あいあいと調理実習をすることができました。

射水市食生活改善推進協議会4-4.jpg

また、試食会の時には協議会の方たちとも会話が弾み交流を深めることが出来ました。

射水市食生活改善推進協議会5-5.jpg

今後も地域に密着した活動を行い様々な視点で学生には学びを深めてもらいたいです。

so-syaru1.jpg社会福祉専攻では1年次にソーシャルワーク特講という講義を行っています。この科目は「ソーシャルワーク実践の中で特に注目されている取組みや関連技術にスポットを当て、実践者による講義を聴くことで学習理解を深める」ことを目的に開講されており、外部の方も聴講が可能な科目です。

今回は、介護職員が工夫を凝らしたレクリエーションを競う全国大会の「第1回全国レク1グランプリ2016」で初代王者として選ばれた卒業生の砂田大輔さん(特養清楽園 相談員)を講師にお迎えし実施しました。学生時代の思い出やキャンパスライフを交えた自己紹介から始まり、レクリエーションの学問的な意味の解説や、日々の実践が利用者の喜びに繋がっているなど、職場での経験を踏まえた講義をして下さり、学生は興味深く聴き入っていました。


                楽しみながらレクリエーションを学ぶ!

so-syaru2.jpg=

演習として、各々が自分で付けたニックネームを記憶していきながらの自己紹介、背中に貼ってあるキーワードをコミュニケーションを取りながら当てるゲーム、レク1グランプリを受賞したレクリエーションである机の上の洋服を選びオシャレを競うゲーム等を行いました。実際の様子をご覧ください。

                    画像をクリックして下さい。
                         ↓ ↓ ↓

/information/so-syarurinku.PNG


最初は表情や動きが固かった学生も、活動しながら学んでいくうちに笑顔になっていきました。他に全国一位になったテレビ報道の映像の紹介と解説もあり、レクリエーションの重要性についてしっかり学ぶことができたようでした。

「楽しくなければ福祉じゃない」

これは本学の授業でお伝えしていることのひとつですが、砂田さんは日々の活動でそれを実践されているとのことでした。


                       講義を行う砂田大輔氏

so-syaru6.jpg
ソーシャルワーク特講では、この他にスクールソーシャルワーカー、障がい児支援の実践者(社会福祉士)、情報支援技術やアシスティブテクノロジー(介助支援工学)の研究者(工学博士)、富山型デイサービスの実践者(社会福祉士)等、福祉の最前線で活躍する講師による講義・演習を行っています。学生満足度も高く、何より実践力を身につけることができるので、皆さんにも是非体験してもらいたい講義です!


富山福祉短期大学の社会福祉専攻では、このような楽しみながら体験できる講義が沢山あります。

福祉に興味がある貴方、是非本学で一緒に学びませんか?お待ちしています!

アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.