HOME » » 学科トピックス

富山福祉短期大学学科トピックス

間もなく始まる3週間の実習前に、実習指導者より特別講義をしていただきました!

毛利先生①.jpg

1015日(火)2限目に介護福祉専攻2年生34名が、短大生活最後の実習に向け、施設の指導者から実習についてのポイントを学ぶために特別講義を受講しました。今回、講師として来ていただいたのは、社会福祉法人高岡南福祉会、特別養護老人ホーム「はるかぜ」実習指導者の上田麻由さんです。上田さんは施設ケアマネージャー、生活相談員の仕事もしている介護のスペシャリストです。今回2年生の「介護実習Ⅱ-②」の目的の一つとして、介護過程の展開があります。施設で生活されている利用者の方を1名受け持ち、その方に必要な介護計画を立案し実施、評価してくるといった、これまでの実習の集大成ともいえる実習です。


上田さんは、介護過程の展開のプロセスの中で、最も学生の皆さんが難しいと感じているアセスメント(利用者の方の多くの事実から気持ちを探り、求めていることを明確にするプロセス)について説明され、事例を用いて利用者の望むニーズについて考える演習を行いました。アセスメントでは気持ちの理解と能力の見極めが必要になるのでしっかり観察し、わからない事があれば職員さんにいろいろ聞くようアドバイスしてくださいました。介護を計画するにあたっても具体的で達成可能な目標を掲げること、意欲的に取り組むことができる目標であること、目標はあくまで利用者の方の宣言であること、そして介護計画を立てる際はその方の尊厳を守ることにもつながる為、意識して記録する事などなど、多くのポイントをお話しいただきました。

毛利先生②.jpg

~受講した学生の皆さんの感想です。

・最後の実習にプレッシャーを感じていたが、少し気持ちが軽くなった。

・定量化できるような目標を掲げたいと思った。

・実習中は時間がない...急がないと...とつい考えてしまうが、慎重に行いたいと思った。

・利用者の目標は、希望ではなく宣言と言った言葉に感銘を受けた。

 
おわりに上田さんは、将来の介護福祉士の皆さんに対し、「利用者の自分らしさを守る為にも、ぜひ皆さんも自分らしくいられるよう、自分らしさを追求していってください。そして福短の介護福祉専攻のモットーでもある、介護現場のリーダー的存在になれるよう励んでください」とエールを下さいました。介護現場のリーダーの卵たちは、いよいよ1021日(月)より特別養護老人ホームや介護老人保健施設で最後の実習に入ります。

 毛利先生③.jpg                 

介護福祉専攻 講師 毛利亘

 今年本学には、ミャンマーの留学生7人とモンゴルの留学生2人が入学しました。リレーメッセージin看護161-①.jpg

 9月21日ふくたん祭のホームカミング企画として、看護学科では「アジアの看護事情を知ろう」というテーマで、留学生さんがミャンマーとモンゴルの母国の紹介をしました。

 看護学科では、1期生、3期生、6期生9期生の卒業生が遊びに来てくれ、懐かしい教室や教員との再会に感激していました。








「五感で感じるミャンマーの魅力」・・・ミャンマーの歴史、文化、医療事情についてシトウリンさんが説明してくれました。

リレーメッセージin看護161-2.jpg
リレーメッセージin看護161-3.jpg




ミャンマーは男女ともに日常的に民族衣装のロンジーを着るそうです。身体にフィットした筒状のロングスカートですが、これを着て自転車やバイクに乗るそうです。仏塔が無数に広がるバガン遺跡やパワースポットのゴールデンロックなど、是非行ってみたいと思いました。

在学生や一般の方々が大勢参加され、興味深く聞き入ってくださいました。

リレーメッセージin看護161-4.jpg
リレーメッセージin看護161-5.jpg

シトウリンさんの歌に合わせて、ティティモーさんがダンスを披露しました。

リレーメッセージin看護161-6.jpg
リレーメッセージin看護161-7.jpgリレーメッセージin看護161-8.jpg

ミャンマーの伝統化粧品「タナカ」をつけてもらうクラスメート。

「タナカの木」を水で磨り潰してペースト状にしたもので、日焼け止め効果があるそうです。

リレーメッセージin看護161-9.jpg


リレーメッセージin看護161-10.jpg
リレーメッセージin看護161-11.jpg
リレーメッセージin看護161-12.jpg

ミャンマーのお菓子やモンゴルチョコを試食しました。



モンゴルの文化や医療事情については、ゾリグトバートル ウルジーボヤンさんが説明してくれました。

モンゴルの民族衣装はデールというそうです。

リレーメッセージin看護161-13.jpg
リレーメッセージin看護161-14.jpg

私たち教員もクラスメート達も異文化にふれ、さらに親睦を深めることができたと思います。 (看護学科 中田智子)

リレーメッセージin看護161-15.jpg
リレーメッセージin看護161-16.jpg

毛利先生最初.jpg
 10
8日(火)2限目、特別養護老人ホーム七美ことぶき苑のYPJ(腰痛予防プロジェクト)のメンバーの皆さんが、介護福祉専攻2年生の授業『介護総合演習Ⅳ』に特別演習講師として来学されました。今回は、移乗用リフト・スライディングボード・スライディングシートの活用についてご指導いただきました。

 
 七美ことぶき苑は、富山県社会福祉協議会指定の腰痛予防対策推進福祉施設であり、科学的な介助と福祉用具の活用により、介護職員の腰痛予防や利用者の方への安心・安楽なサービスの提供に積極的に取り組んでいる施設です。そして本学の実習先施設でもあり、多くの卒業生が働いています。理学療法士で機能訓練指導員の平井さんより腰痛を伴う介助場面や姿勢、そして取り組みの成果について講義を受けたあと、2年生は3グループに分かれそれぞれの福祉用具の演習を行いました。

 
 リフトの活用では、車いすのシーティングの際、深く座れるよう車いすを傾けながら降ろす技術を。スライディングシートでは介護者が利用者に体を密着させ、摩擦の除去をシートで行い小さい力で体位変換するコツを。スライディングボードの演習では介護者の姿勢を安定させたうえで利用者の方をスライドする等の留意点を、しっかり学びました。2年生は時折メモを取りながらも、積極的に演習に臨んでいました。

毛利先生1.jpg毛利先生2.jpg毛利先生3.jpg毛利先生4.jpg

 おわりにプロジェクトリーダーである結城さんが「介護の仕事は、前にかがむ・ねじるといった姿勢による疲労の蓄積により腰痛になるリスクが高いと言われてきました。だけれども福祉用具を使うことにより、腰を痛めずにずっと働き続けられる仕事に変えることができます。」と、熱意を持って学生の皆さんに語りかけて下さいました。

 2年生は10月21日より、学生生活最後の実習に入ります。介護される側もする側も安心できるような援助を学んできてほしいと思います。そして今回の特別演習で学んだ援助を活かし卒業後も健康に留意しながら、介護福祉に従事してほしいものです。利用者とのかかわりから、喜びややりがいを感じることのできるこの仕事だからこそ、一生涯の仕事としてほしいです。

                         
介護福祉専攻 講師 毛利 亘

10月に入りましたがまだ暑い日が続きます。本学では、後期の授業が開始となりにぎやかな学生たちの声で活気づいています。今回は私、今川孝枝が担当している高齢者看護学実習Ⅱについて紹介させていただきます。

■高齢社会での看護

世界に類をみない速さで進む日本の高齢社会に対応していくために、高齢者看護は重要な位置づけとなります。

高齢者の意思を尊重し、死を迎えるその時までその人らしく過ごせることを支援する



■高齢者看護学実習Ⅱ

 3年次 3週間 長期療養型病院で実習しています。高齢者の方を受け持ち、本人・家族の思いを尊重し病院での生活を支援する方法を学んでいます。実習中は毎日、教員が病院に出向き実習指導者と一緒に学生の指導を行っています。実習途中には学校で、実習の学びを整理してわからないことや支援の方法などについて、グループメンバーで検討しています。

 

■写真は学校での様子です。受け持ち高齢者の病気や生活の様子など関連図にしたものを発表して学び合っています。
リレーメッセージin看護160-1.jpg
リレーメッセージin看護160-2.jpg

■この後、3年生は11月中旬まで実習があります。実習を1つ1つ乗り越えていく学生たちの成長を感じつつ、指導にも力が入ります。また、学生が受け持つ高齢者の方々から私自身が学ばせていただいています。

高齢者は様々な生活の歴史をもちながら生活をしている人であり、その人の健康生活を支援できる看護師を目指し教育方法を工夫していきたいと思います。
リレーメッセージin看護160-イラスト.jpg

今回のリレーメッセージ担当の荒木晴美です。

8月31日(土)、「健康寿命を延ばして介護知らず!~認知症と付き合う!」をテーマにUSPで地域つくりかえ講座を行いました。内容は「センサによる認知症予兆の早期発見!」、「認知機能低下予防運動コース」、「認知機能低下予防の臨床美術コース」、「認知症の方への接し方」、「認知症になっても元気で暮らせるために」です。今回は、私が担当した「認知症になっても元気で暮らせるために」について紹介させていただきます。

                       リレーメッセージin看護159 イラスト2.jpg


■認知症について

日本は高齢化が進み、それに伴って認知症の方も増えてきています。2025年には高齢者の5人に1人が認知症になると言われています。

 もちろん、食事や運動など生活習慣に気をつけて予防することは大事です。でも、それでも自分が認知症になったら、どこでどのように生活したいでしょうか。

 家でサービスを利用して暮らしますか? 家族に迷惑をかけるから施設に入りますか?

 私は認知症になっても家で暮らしたいと思っています。



■そのために、何が必要でしょうか。

まずは、認知症について理解することが必要です。認知症といってもいろいろなものがあり、症状もその人それぞれです。どのような認知症があるのか、どのように進行するのかなど知りましょう。

そして、自分が何を大切にし、どんな生活をしたいのか家族や周りに伝えておくことが、大切です。地域の人とのかかわりを大切にしておくことも大切です。

 

■地域づくりについて

あなたの地域はどんなところでしょうか。

認知症の人がおられたら優しくサポートしている地域でしょうか。それとも、認知症で徘徊していたり、ゴミの始末ができない人などがいたら、「早く施設に入れば」というような風土の地域でしょうか。

認知症の人は接し方次第で元気に暮らせます。あたたかく見守り適切な援助を受ければ、自分でやれることも増えます。認知症を理解して認知症の人も元気で徘徊できるような地域を作っていきませんか。まずは、認知症対策について話し合うことから始めましょう。            



■私が認知症になったら

 将来もしも認知症になったら、元気にパソコンを持って徘徊し若い人を見つけては、「認知症ってね・・・」と説明しているかもしれません。地域の人に見守られながら、堂々と徘徊できる地域になればいいなと思っています。その時は、よろしくお願いします。

8月も終わりに近づいてきましたが、今年も暑い日が続きましたね。

看護学科助手の柴田です。

さて、8月には基礎看護学実習Ⅰがありました。

入学した1年生の初めての病院実習でした。

1年生は実習が始めるまでに、さまざまな看護技術の演習をして、実習に臨みました。

リレーメッセージin看護158-①.jpg
リレーメッセージin看護158-②.jpg
リレーメッセージin看護158-③1.jpg

実習では、実際に患者さんに行われている援助を体験し、看護師に必要な知識・技術・態度について学びました。

1年生はスタートしたばかりの看護師への道のりです。

よりよい看護を学んでいけるよう、学生の皆さんをこれからもサポートしていきます。

リレーメッセージin看護158-4.jpg

あなどれないハンドマッサージ

 4月から着任いたしました坂東紀代美です。よろしくお願いいたします。今回はハンドマッサージについて述べます。皆さん、それぞれ「こころ」はどこにありますか?ある大学の看護学生に質問したところ、「胸」と答えた人が約80%、「心臓」と答えた人は5%、「脳」と答えた人は15%でした。自分の心があるところは自分の思うところどこでもよいといわれています。
157-1.2.jpg

ただし、

157-3-3.jpg


157-4.5.jpg
我が国の精神保健福祉(平成16年版)では『心の健康とは精神障害でないことはもちろんのこと、個人が社会の中でよい適応の状態において生活できること』と述べられています。私たちは人生の各段階に応じてそれぞれ特有の問題や困難があります。問題や困難が生じたときストレスが生じてきます。要因としては人間関係や仕事の忙しさ、環境の変化などがあげられます。ストレスは精神的健康を脅かし、脳の不調の結果として、不安、イライラ、不眠、集中の困難などが見られます。


今回リラックスの方法としてハンドマッサージを紹介します。

 ハンドマッサージの効果としては次の5つがあげられます。

  1. 血行が良くなり、冷え症を緩和                  

  2. こわばった筋肉がほぐれ、しなやかで巡りのよい体質に

  3. 老廃物や余分な水分を排出し、むくみを改善

  4. 脳が活性化

  5. ストレス解消効果

マッサージ方法はいろいろ紹介されています。私は無添加のハンドクリームや普段自分が使っているクリームで行うことをお勧めします。

157-6.7.8.jpg

一人でハンドマッサージを数分することで効果を感じると思います。二人で行うとお互いの心が近づくことでしょう。社会で生活していく私たちはストレスが無くなることはありません。日々できるだけストレスに対処し、心の健康を大切にしていきましょう。

157-9.10.jpg

             

 

       

◆日程:7月31日(水)

◆科目名:保育内容(造形表現)

◆授業担当:岡野 宏宣先生


今年度も2年次保育内容(造形表現)の一環として、「手作り」を活かした夏祭りを企画しました。

学生は5~6名のグループで授業を通して企画、準備、リハーサルを行い、すべての年齢(0~5歳児)の子供たちが参加し楽しんでもらうためにはどうしたらよいかを考え、頭を悩ませながら試行錯誤し、準備を進めてきました。

なつまつり準備.jpgなつまつり準備2.jpg

夏祭り当日、各出し物の遊び方の説明を行った後、保育園の先生の「夏祭りを始めます!」の掛け声で子供たちは一斉にお目当ての出し物に駆け寄りました。

なつまつり.jpg出し物説明.jpg

新聞やペットボトルで作った輪投げゲームや、新聞プール、手作りの魚釣りやヨーヨー釣り、フリスビー、お面やポシェット作り、学生とじゃんけんをして勝つためのグーチョキパーが描かれているボードへボールを投げ込むじゃんけんゲームなど、たくさんの出し物を楽しんでいました。

まとあてジャンケン

まとあてジャンケン.jpg

わなげ

わなげ(修正).jpg

さかなつり

さかなつり.jpg

しんぶんプール

しんぶんプール.jpg

ヨーヨーつり

ヨーヨーつり.jpg

かみざらフリスビー

かみざらフリスビー.jpg

かみざらポシェット

ポシェットづくり.jpg

おめん

おめん.jpg

学生たちは、授業の一環として、自分たちの企画での子供たちの反応や道具、造形物を手にした時の反応、話しかけた時の反応など意識をしながら出し物の説明をしたり、声をかけたりと約1時間しっかり子供たちと関わりました。

◆学生たちの声

「作ったものを「どれにしようかな~」と選んでくれて嬉しかった」

「自分たちの企画にたくさんの子どもたちが押し掛けてきてくれて嬉しかった」

「子供たちが思った以上に喜んでくれて一生懸命企画、準備してよかった」

◆保育士の先生方の声

「今までにないユニークな出し物があり、工夫されていて驚いた」

「出し物が年齢ごとに分かれていたり、じっくりと時間をかけて遊べる出し物など、子供たちのための配慮がされていてよかった」

「保育園内でもやっているような遊びを、さらに変化させて似たような遊び方でも工夫次第で子供たちが違う遊び方や楽しみ方をしているのを見て嬉しかった」


学生たちがたくさんの時間をかけ、一生懸命準備した結果、夏祭りは盛況のうちに幕を閉じました。グループで何度も話し合い、さまざまな年齢の子供たちに楽しんでもらえる企画を練り上げた今回の経験を活かし、今後も頑張ってほしいと思います。

なつまつり全体.jpg

≪出し物一覧≫

まとめてジャンケン

わなげ

さかなつり

しんぶんプール

ヨーヨーつり

かみざらフリスビー

かみざらポシェット

おめん

今回担当します山﨑です。

6月8日(土)看護学科2年生が国際災害看護活動論でイタイイタイ病資料館・四季防災館へ行ってきました。

イタイイタイ病は日本の4大公害病の1つです。資料館では神通川(神の通る川と言われていた)流域の用水の水を使った住民がイタイイタイ訴え病院に行ったことからイタイイタイ病(カドニウムが原因で、細かな骨折を繰り返す病気)と名がついたこと、今も患者さんがおられることなど詳しく説明をしていただき、学生たちは、資料を基に真剣に話を聞いていました。



【イタイイタイ病資料館での様子】

四季防災館では煙体験や消火器を使った消火体験、地震体験、暴風雨体験などをしました。

富山県は災害が少ない県ではありますが、いつ起きてもおかしくない、看護を学ぶ学生として、一住民として何ができるか考えました。
7.156消火体験の様子(四季防災館).jpg
7.156暴風雨体験の様子(四季防災館).jpg



【四季防災館での災害体験】

国際災害看護活動論では国内外に問わず災害看護が起きているということをグループワークで学び、課外授業を通し体験し、学びあっています。

7.156グループワークの様子.jpg

【グループワークをしている様子】

最後に、学んだことをテーマごとにペープサートや劇を通し発表し共有もしています。


7.156グループ発表会の様子.jpg
7.156グループ発表会の様子1.jpg

毎日様々なニュースが新聞に載っています。しかしながら新聞の購読率は低いようです。

多くの学生がインターネットから情報を得る時代になってきているようです。

私は、東日本大震災が起きた際、福島県二本松市で1ヵ月保健師活動をしていた経験があります。ネットはつながらないそんな環境の中で自治会の運営もあり、定期的に避難所内での新聞を発行していました。紙で伝わる情報も大事です。今一度災害について考え、防災・減災について考え備えていく必要があると思います。また、各国からのメッセージや食料などの支援がありました。   

7.156-6.jpg7.156-7.jpg

 

◆科目名:相談援助実習指導Ⅰ

◆日程:2019年7月18日

◆担当教員:松尾 祐子先生

◆学科専攻:社会福祉専攻 1年生 


この科目は、実習に向けて必要とされる知識や技術を学ぶ科目で、4月から担当教員や実習先の指導者の授業を受けてきました。今回は自分達で実習先について調べて発表しました。

0718松尾先生1.jpg0718松尾先生2.jpg

「就労支援施設」「放課後等デイサービス」「特別養護老人ホーム」「地域包括支援センター」「社会福祉協議会」「病院」の6つの実習先について調べました。

スライドには施設・機関の役割や、相談員の業務、実習に向けての心構えなどを書いて発表しました。

0718松尾先生3.jpg0718松尾先生4.jpg

<学生の感想>

・関心のある分野が、どのような歴史で事業が始まったのか知ることができて良かった。

・詳しく調べると、自分が知らなかったことやこれから必ず学ばなければいけないことが再確認できた。実習に向けて今何をすればよいかが分かってよかったです。

・ソーシャルワークを行う上でもっと多くの知識が必要で、一度勉強したことでも、もう一度目を通すことが大切だと思った。

・社会福祉協議会がやっている事業が多く、事業によって関わる専門職や対象とする人も異なり、どこについてもすぐに動ける知識をつけることが大切だと思った。

・病院について調べてみて感じたことは、働いている専門職が多く、必要な時に連携していることでした。

学生は今までの授業で学んだことを振り返り、実習先について調べてまとめて分かり易く発表していました。入学してまだ4か月でしたが、学生の成長を感じました。後期にはさらに詳しく学んでいってください。


社会福祉専攻 松尾 祐子

アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.