Home > インフォメーション

インフォメーション

第2回 進路内定速報〔8月〕

就職活動最前線<昨年度内定率100%のペースを上回る勢い> 

 

今年度卒業を迎える学生たちの素晴らしい就職活動の結果が続出しています。

超売り手市場と言われた昨年度の実績をも上回る勢いです。厳しい雇用環境に負けることなく、見事内定を勝ち取ってきています。2年連続の就職内定率100%達成へ向けて、順調に歩を進めています。そこで、見事内定を得た学生たちを月ごとに紹介していきたいと思います。

 

内定者紹介 <内定者より>

社会福祉学科 介護福祉専攻 2年 森田 華菜さん(井波高校卒)

内定先 社会福祉法人 福寿会

 

<森田さんへの一問一答>

 

Q. まずは就職内定おめでとうございます。今のお気持ちは?

A. うれしいです。家族が心配してくれていたので、就職の内定が決まり安心してもらうことができました。また、これからもしっかりと授業をがんばっていかなくてはと、気が引き締まりました。

 

Q. 就職活動を振り返って思うことは?

A. 自分の行きたい施設の条件をしっかり絞って、「そこっ」と思ったところをよく調べ、先生にも相談にのってもらったので、スムーズに就職活動を進めることができたと思います。ただ、早くに就職試験を受けることもあり、不安や迷いがありました。

 

Q. 就職活動で大変だったことは?

A. 志願した施設の受験日が早かったため、早くから就職活動をしなくてはいけませんでした。しかし、私は少し遅れての活動開始でしたので面接練習など焦る部分がいくつもあり大変でした。

 

Q. 時間の無い状況の中で内定を勝ち取った要因は何だと思いますか?

A. 元気良さと、体力には自身があったので、それが伝わったのではないかと思います。

また、高齢者とかかわっていきたいという気持ちを素直に伝えたことも要因だと思います。

 

Q. どんな介護福祉士を目指しますか?

A. 元気で明るく高齢者の人と接すことができ、この人にならと信頼してもらえるような介護福祉士になりたいと思います。

 

P1010045.JPG

2009年8月 7日 | |

ページトップへ