Home > インフォメーション

インフォメーション

第1回 進路内定速報〔7月〕

昨年度の進路内定100%達成を、今年度も継続すべき、学生・教職員一丸となり、進路内定に向けた活動を展開しております。

就職・進学と、進路の選択肢は、いろいろありますが、今月から、見事進路内定を得た学生を月ごとに紹介していきたいと思います。 

 

7月は、保育園に内定した2人の学生を紹介します。

内定者紹介 <6月内定者より>

社会福祉学科 児童福祉専攻 2年 種田 香織さん(高岡商業高校卒)

内定先 社会福祉法人わかくさ福祉会 じんぼ保育園

社会福祉学科 児童福祉専攻 2年 辻田 あかねさん(雄山高校卒)

内定先 社会福祉法人わかくさ福祉会 わかくさ保育園

 

 

P1080076.JPG           右:種田さん 左:辻田さん

 

<辻田さんへの一問一答>

 

Q. まずは就職内定おめでとうございます。今のお気持ちは?

A. ありがとうございます。兼ねてからアルバイトをしていた保育園でしたので就職できて大変うれしいです。

 

Q. アルバイトはいつからされていたのですか。

A. 1年の夏からです。それからは毎回長期の休みに入ったときには必ずアルバイトをさせていただきました。

 

Q. アルバイトを通しての就職活動となったわけですね?

A. 結果としてはそうなります。アルバイトをしているうちにこの保育園に入りたいという気持ちがどんどん大きくなっていきました。

 

Q. では、具体的にどのような保育士になりたいですか?

A. いつも子どもが何を望んでいるのか、今、何を求めているのかが解る保育士になりたいです。授業でも事例などを通して子どもの内面について学んでいますがそれを実践できる保育士を目指してがんばりたいです。

 

 

《キャリア開発・支援課より一言》

種田さん、辻田さん、友達同士、保育園は違いますけど、同法人への内定おめでとうございます。これからも、情報交換ができ、互いに切磋琢磨していける環境になってよかったですね。就職後は理想と現実のギャップの違いに戸惑うこともあるかもしれませんが、自分の理想を大切にし、自分が納得できる保育士となれるよう、残りの学生生活しっかりと頑張ってください。将来の活躍を期待しています。

2009年7月22日 | |

ページトップへ