Home > 公開講座・フォーラム ボランティア活動

公開講座・フォーラム ボランティア活動

アート福祉講座(市民講座)

講座のご案内   

定員(各講座30名) 申込み締切り(1次 6/5) (2次 7/31)


①『カラーシートで七夕飾りづくり』
     日時:6月20日(土)10~11:30  受講料:無料  講師:村田 透
     対象:親子、児童、一般、施設・教育関係者など

②『臨床美術体験講座』
     日時:7月19日(日)14~16:00  受講料:500円(予定)
     講師:日本臨床美術協会 講師
     対象:一般、施設・教育関係者、認知症予防に関心がある方など

③『オイルパステルで描く』
     日時:8月23日(日)10~11:30  受講料:無料  講師:北澤 晃
     対象:一般、施設・教育関係者、認知症予防に関心がある方など

④『紙チップ団子でハロウィン飾りづくり』
     日時:9月20日(土)14~15:30  受講料:無料  講師:村田 透
     対象:親子、児童、一般、施設・教育関係者など

申込はこちらから  fukushi@te.urayama.ac.jp

詳細はこちらのpdfにてご確認ください。 → アート福祉講座


講師紹介・・・
 北澤 晃 (富山福士短期大学 学長)
     学校教育学博士。日本臨床美術協会理事。
     小学校・中学校教員を経て現職。
     子どもの造形活動について研究実践を重ねる。
     現在、福祉現場に役立つ造形活動を研究。

 村田 透 (社会福祉学科児童福祉専攻 講師)
        「教科教育学 図画工作・美術科教育」担当
     養護学校教員、知的障害者施設指導員を経て現職
     学校、児童福祉施設、子ども会などでの活動を通して
     「子どもが様々な活動のなかで自分のよさや可能性を
     発揮していく」ことについて研究。


臨床美術(クリニカルアート)とは・・・
 日本臨床美術協会(内閣府認証/特定非営利活動法人)認定の臨床美術士が、脳科学に基づいた独自開発のアートカリキュラムに沿って絵画や立体造形など創造的な活動を行うことで、脳機能の活性化を促すことを目的としています。  現在ではMCI(いわゆる前認知症の人)や一般高齢者の認知症予防として、また、発達が気になる子どもへのアプローチや子ども達の完成を育む教育、福祉教育の分野でも評価を得られています。

ページトップへ