Home > インフォメーション

インフォメーション

児童福祉専攻2年生が「教育実習指導」の特別講義を受けました

5月13日(水)に社会福祉学科 児童福祉専攻2年生を対象に「教育実習指導」の特別講義実施しました。

 

□科 目 名:教育実習指導(2年)

 

□科目目的:保育実習Ⅰ-2(必修 入所型の児童福祉施設等での実習)に臨むにあたり、利用者の理解を深め、施設の人的・物的環境や保育士としての職務内容について具体的理解を深める。(「実習指導要綱より抜粋」)

 

□講  師:富山県立砺波学園 本江 麗子 氏 (指導課療育班長)

 

□授業タイトル:『知的障害児施設の生活と支援者の役割について』

 

講師の先生より、砺波学園の施設紹介や利用している子どもたちの様子、障害の特性について講義がありました。学生は、施設の様子や障害の特性について、先生からのお話やスライド映像や実際に使用されている福祉教材等を見聞きするなかで理解を深める機会となったようです。講義後の質疑応答では、「実習に臨むにあたっての態度」、「障害児・者福祉施設に就職するためには」等の質問もありました。学生は、実習準備に加え、将来への進路選択も含め、これから支援していく子どもたちの姿をイメージしながら学びを深めることができました。

 

講義の様子①施設紹介.JPG

講義の様子②障害の特性.JPG

 

講義の様子③質疑.JPG

 

2009年5月18日 | |

ページトップへ