Home > インフォメーション

インフォメーション

介護福祉士を目指す皆さんへ!(介護福祉専攻)

平成20年4月3日(木)社会福祉学科介護福祉専攻1年生に対して、毎年開催されている「新入生特別講義」が開催され、日本介護福祉士会名誉会長・富山県介護福祉士会会長の田中雅子氏が来学され、話しをされました。

田中先生は「自立支援」と「尊厳を支える」が介護のキーワードということから話しはじめられ、"自分で食事を準備することも食べることも出来ず、自分で排泄することもできず、誰かの手を借りなければ生きていけない。また、自分の心の辛さや苦しみ、悲しみ、怒りを誰かに伝えることもできず、自分の意思を言葉で表すことも出来ない人"について話されました。

この場合の援助の大切な視点は?みなさんはどう思いますか?
 ・排泄のお世話をすることですか?
 ・食事のお世話をすることですか?
 ・ただ黙ってそばにいることですか?

介護は人の「生命」「生活」「人生」に関わる仕事であり、介護に携わる人の能力(知識・技術・人間としての素養・倫理観等)次第によって、相手の命、暮らし、人生を変えるかもしれません。
介護福祉士に求められるものは大変大きなものがあり、逆に期待されるものもそれ以上に多いと思います。

最後に「ありがとう」の言葉に感動したあなたから「ありがとう」と言えるあなたへ!「ありがとう」の言葉は人と人をつなぐ心地よい言葉!2年間の学びの中であなた自身が人間性豊かな人間に成長して下さい!とエールを贈られました。






ページトップへ